• DIGITALIST
  • Trends
  • 資本業務提携強化によってIT×AIの相乗効果を狙う
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.01.28

資本業務提携強化によってIT×AIの相乗効果を狙う

お気に入り

トレノケートが「キカガク」の販売をスタート

 2021年1月26日、トレノケートは1月から「キカガク社」のAIや機械学習に特化した動画学習プラットフォーム「キカガク」の販売を始めることを発表した。

 トレノケートは人材育成専門企業として企業の人材育成をサポートしてきた。特にIT研修においては、幅広い受講形式や豊富なトレーニングラインナップを用意しており、ニーズに即したトレーニングを提供している。

 AIの実装にはクラウドサービスやプログラミングなどとの組み合わせが必要不可欠であるため、AIとITを組み合わせてAIの実装ができる人材を育成する方針だ。



AI・機械学習領域で高評価を得る「キカガク」

 キカガクを簡単に説明すると「AI人材になるための動画学習プラットフォーム」だ。

 初心者でもわかりやすいようにプロの講師が動画で丁寧に解説しており、分からなかった部分は何度でも復習できる。動画の最後に演習形式のテストが用意されており、理解度や実力を測ることが可能。

 プログラミングでは実際にやってみながら学習することができる。

 また、資格試験と連携しており、マイクロソフトの認定試験、経済産業省認定のReスキル、日本ディープラーニング協会のE資格認定などに対応しているのだ。

 トレノケートとキカガクは資本業務提携しており、この提携をさらに強化することによって、AI分野の人材育成事業をこれまで以上に拡大し、さまざまな企業のDX推進をサポートする考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

トレノケート社 プレスリリース
https://www.trainocate.co.jp/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。