• DIGITALIST
  • Trends
  • 超小型EVシェアリングサービスの実証実験にWill Smartがシステム提供
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.03.26

超小型EVシェアリングサービスの実証実験にWill Smartがシステム提供

お気に入り

3月から始まる実証実験

 3月23日、Will Smartはこの3月から始まる、超小型EVシェアリングサービスの実証実験に車両制御システムとデータ取得システムを提供したことを発表した。

 この実験にはさいたま市、ENEOSホールディングス、OpenStreetなどが協力しており、「さいたま市スマートシティ推進事業」の1つとして実施される。



超小型EVを追加

 同実証実験は、移動状況に合わせて最適な移動手段を選択することができるシェア型モビリティサービスに関する実験だ。

 専用アプリで利用したいモビリティの設置場所を検索し、予約から決済までの手続きを全てアプリ内で完結することができる。

 このサービスの本格運用に向けて、有効性や新たな課題を検証する。

 既にOpenStreetのシェアリングプラットフォームを採用した、スクーターと電動アシスト自転車のシェアリングサービスがスタートしているのだが、今回はそのサービスに超小型EVを追加する。

ユーザーの利用状況に合わせて、異なるモビリティを選択可能な環境を整えることによって、交通利便性を向上させたいという思いからこの実験が始まった。

 さまざまなモビリティの拠点である「マルチモビリティステーション」では、電力の一部を再生可能エネルギー由来のものをENEOSが供給することになっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Will Smart プレスリリース
https://willsmart.co.jp/news/210323

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。