• DIGITALIST
  • Trends
  • ローソンがAIによる店舗配送ダイヤグラム最適化の実証実験を開始 物流効率最大化へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
国内 公開日: 2021.08.11

ローソンがAIによる店舗配送ダイヤグラム最適化の実証実験を開始 物流効率最大化へ

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①ローソンがAIによる店舗配送ダイヤグラム最適化の実証実験を開始する。
②群馬県の配送センターからの店舗配送において、AIで作成した3カ月間固定の店舗配送ダイヤグラムで配送を行う。
③2023年度中には、AIで毎日作成した最適ダイヤグラムで配送することを予定している。

AIで作成した最適ダイヤグラムで配送

 ローソンは8月6日、AIを活用して店舗配送ダイヤグラムを最適化する実証実験を、オプティマインドと共同で開始すると発表した。



 同社では、店舗配送ダイヤグラムを、現行の3カ月間固定から、AIを活用して毎日最適なダイヤグラムに組み替えることで、物流効率を最大限に高めることを目指している。

 これに向けた実証実験として、まずはAIで作成した3カ月間固定の店舗配送ダイヤグラムでの配送を行う。実証実験の前にAIで作成した店舗配送ダイヤグラムによると、群馬県の配送センターの場合、配送台数の約8%とCO2排出量の約7%を削減できることがわかったという。

 実証は10月より実施し、群馬県の配送センターから約400の管轄店舗に向け、オプティマインドのAIを活用して作成した3カ月間固定の店舗配送ダイヤグラムで配送する。

2023年度中には、AIが最適ダイヤグラムを毎日作成へ

 同社では2023年度中に、AIによる3カ月間固定の店舗配送ダイヤグラムから、AIが毎日作成する最適ダイヤグラムに替えて配送を行うことを予定している。

 配送ダイヤグラムが毎日変更されると店舗にも負荷がかかるため、納品専用エリアの設置や納品時間枠、在庫状況により変動する納品優先度を反映することも検討するとしている。

(画像はローソンホームページより)


▼外部リンク

ローソン ニュースリリース
https://www.lawson.co.jp/detail/1438164_2504.html


▼ 会社概要
ローソンはコンビニエンスストア「ローソン」のフランチャイズチェーンを展開している。


社名:株式会社ローソン
代表取締役:竹増 貞信
所在地:東京都品川区大崎一丁目11番2号 ゲートシティ大崎イーストタワー


▼ 会社概要
オプティマインドは、ラストワンマイル配送におけるルート最適化サービスの開発と提供を行っている。

社名:株式会社オプティマインド
代表取締役:松下健
所在地:愛知県名古屋市中区栄2丁目11番30号セントラルビル9F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。