• DIGITALIST
  • Trends
  • 完売していた「おたすけ タピ太」が40台限定で再販決定
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.06.10

完売していた「おたすけ タピ太」が40台限定で再販決定

お気に入り

▼ニュースのポイント
①MJIとユーキャンが共同開発した「おたすけ タピ太」が40台限定で再販されることに。
②ユーキャンの通販ブランドである「ココチモ」で購入することができる。
③コンテンツ内蔵型ロボットで、インターネット接続なしで使うことができる。

40台限定で再販決定

 6月4日、MJIはユーキャンと共に開発した「おたすけ タピ太」を、40台限定で再販することを発表した。

 おたすけ タピ太はシニア向けの執事ロボットだ。

 2019年にユーキャンの通販ブランドである「ココチモ」で販売していたのだが、完売したため販売終了となっていた。

 今回再販されるおたすけ タピ太もココチモから購入することができる。



簡単に操作できる

 執事ロボットであるおたすけ タピ太は、コンテンツが内蔵されており、インターネット接続が不要である。

 アラームやスケジュールなどの機能だけでなく、音楽やカラオケの再生、脳トレゲーム、ラジオ体操などユーザーを楽しませてくれるさまざまな機能が搭載されている。

 会話を楽しむことはもちろん、俳句や短歌、だじゃれなどの機能も満載だ。

 画面を指でタッチしたり声で話しかけたりするだけの、簡単操作も人気のポイントだろう。

タピアをベースにして開発

 おたすけ タピ太のベースとなっているのは、MJIが提供する卵形のコミュニケーションロボット、タピアだ。

 スマートフォンが使えない高齢者でも、話しかけるだけで操作することが可能なため、ストレスなく使えるところがタピアの魅力のひとつであろう。

 このタピアを子供やシニアが使いやすいように、UI/UX企画設計開発を行ったロボットがおたすけ タピ太なのである。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

MJI プレスリリース
https://mjirobotics.co.jp/210604-2/


▼会社概要
ロボットの企画からデザイン、設計、販売までを手掛ける企業。


会社名:株式会社MJI
代表取締役社長:トニー シュウ
所在地:東京都港区白金3-7-18 アポロホール&ルナハウス 401

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。