• DIGITALIST
  • Trends
  • 本郷データサイエンスは犬猫生活にペットAI解析モデルを提供 スマホで未病がわかる「犬猫生活 血液検査プラス」をリリース
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.07.16

本郷データサイエンスは犬猫生活にペットAI解析モデルを提供 スマホで未病がわかる「犬猫生活 血液検査プラス」をリリース

お気に入り

▼ニュースのポイント
①本郷データサイエンスは犬猫生活に自社開発したペットAI解析モデルを提供し、新規サービスとして今月から「犬猫生活 血液検査プラス」をリリースした。
②同社はこれまで、ヒトの甲状腺機能異常症における血液データをAI解析によって絞り込むという共同研究を行っており、製品化まで実現した。
③また、自社の解析技術をペットの血液データに展開し、ペットAI解析モデルを開発している。

ペットのAI検診に活用

 7月12日、本郷データサイエンスは犬猫生活に自社開発したペットAI解析モデルを提供し、新規サービスとして今月から「犬猫生活 血液検査プラス」をリリースしたことを発表した。

 同社は、血液検査データをAI解析する技術を提供する企業だ。

 このソリューションを活用することによって、身体へさらなる負担を強いることなく、隠れた疾患を絞り込むことが可能になる。

 これまで、ヒトの甲状腺機能異常症における血液データをAI解析によって絞り込むという共同研究を行っており、製品化まで実現した。

 また、自社の解析技術をペットの血液データに展開し、ペットAI解析モデルを開発。

 今回はそのモデルを活用し、ペットのAI検診として、犬猫生活 血液検査プラスの提供に至ったのである。



「未病」に気づく

 この新サービスの使い方は簡単。

 動物病院などで行った、犬猫血液検査データをスマートフォンで読み込むと、約3秒でAIが解析し、「隠れた複数のサイン=リスク度合い」を表示する。

 対象項目は、消化器、循環器、腎臓、肝臓、糖尿病、高脂血症と腫瘍の兆候だ。

 今後、検査項目は随時アップデートする見通しとなっている。

 病院での検査結果に異状がなくても自覚症状があるケースや、自覚症状がなくても検査結果に異常が出るケースもある。

 大切なのは、何らかの兆候があることに気づくことだ。

 同サービスは、健康と病気の間である「未病」に気づくことに貢献できるのではないかと、期待が寄せられている。

(画像は本郷データサイエンスのホームページより)


▼外部リンク

本郷データサイエンス プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
AI解析受託業務を手掛ける企業。

健康診断などの血液検査データに複数の一般検査を組み合わせることで、隠れた病気を早期に絞り込む方法の開発を行っている。


会社名:本郷データサイエンス株式会社
代表:吉田修
所在地:東京都文京区本郷5丁目5-6サンヒルズ菊坂

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。