• DIGITALIST
  • Trends
  • GMO ReTechがエイブル用入居者アプリを提供開始 賃貸関連フローのデジタル化で便利さ・効率化を実現
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.01.05

GMO ReTechがエイブル用入居者アプリを提供開始 賃貸関連フローのデジタル化で便利さ・効率化を実現

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①GMO ReTechがエイブル用「入居者アプリsumca」の提供を開始した。
②同アプリは、入居申し込みから退去申請まで、賃貸に関わる一連の工程をデジタル化し、アプリひとつで行えるようにしたもの。
③同アプリにより、客は便利になり、エイブルでは業務効率化などを期待できる。

賃貸に関わる一連の工程をデジタル化

 不動産テック事業を推進するGMO ReTechは1月4日、エイブル向けに、エイブル店舗と入居者がオンラインでコミュニケーションできる「入居者アプリsumca(スムカ)」を開発し、同日から提供を開始した。



 「入居者アプリsumca」は、客の入居申し込みから審査申し込み、入居後のサポート、退去申請まで、賃貸に関わる一連の工程をデジタル化し、アプリひとつで行えるようにしたもの。

 同アプリにより、客は従来のような書面による申し込みなどが不要となる。またエイブル店舗では、さまざまな作業をオンライン上で完結させることが可能となり、電話対応削減による人件費などの削減、ペーパーレス化、業務効率化などを期待できる。

契約書の保管もできる

 同アプリでは、入居申し込み、IT重要事項説明の通知と実施、原状回復用写真投稿、契約書保管、契約内容確認、設備等の故障、不具合時のお問い合わせフォーム、更新意思確認や解約申し込みなどが可能。

 このほか、引越し各種手続きチェックリスト機能、付帯サービス案内(ライフサポート24mamorocca、エアコンクリーニング、キッチンクリーニングなど)、提携企業クーポン機能、お知らせ表示機能なども備わっている。

 同アプリは、iOS 11.0以降、Android 5.0以降に対応し、App Store、Google Playから無料でダウンロードできる。同社では、今後さらなる機能のアップや改善を行うとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

GMO ReTechニュースリリース
https://gmoretech.com/news22010401/


▼ 会社概要
GMO ReTechは、「賃貸運営を楽にする」をミッションに掲げ、不動産賃貸領域のDXを推進するサービスを展開している。

社名:GMO ReTech株式会社
代表取締役:鈴木 明人
所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー


▼ 会社概要
エイブルは、不動産賃貸仲介サービス事業や不動産賃貸仲介関連事業などを展開している。

社名:株式会社エイブル
代表取締役:堺 大祐
所在地:東京都港区元赤坂1丁目5番5号 元赤坂SFビル

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。