• DIGITALIST
  • Trends
  • ウェザーニューズがアプリで「浸水被害リスク予測」を提供開始 豪雨災害による被害を最小限に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.08.17

ウェザーニューズがアプリで「浸水被害リスク予測」を提供開始 豪雨災害による被害を最小限に

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①ウェザーニューズが「浸水被害リスク予測」の提供を開始した。
②同予測では、今後96時間以内の浸水被害リスクを2段階、1kmメッシュで予測して表示する。
③予測には、気象予測と低位地帯情報、浸水想定区域データに加え、2018年の西日本豪雨のビッグデータ解析も用いた。

96時間以内の浸水被害リスクを2段階・1kmメッシュで予測

 ウェザーニューズは8月13日、大雨・豪雨災害の被害を最小限にしようと、ウェザーニュースアプリとウェブサイトで「浸水被害リスク予測」の提供を開始した。

 同予測は、今後96時間以内に予測される浸水被害リスクを1kmメッシュでシミュレーションする。

 アプリの画面上では、今いる場所での浸水予測を「ひざ・腰以上」「すねの高さ」の2段階で表示し、現在までの降水量(24時間積算/48時間積算)も確認できる。また、現在地以外のリスクも地図上で確認することができる。

 「予測」には、ウェザーニュースの気象予測と、国土交通省などが公表する低位地帯情報、浸水想定区域データのほかに、2018年の西日本豪雨における浸水被害と当時の気象データのビッグデータ解析を用いている。

 西日本豪雨の浸水被害のデータには、浸水被害に関するアンケートの調査結果やユーザーからの写真付き報告なども用いた。

「浸水被害リスク予測」を活用して早めの避難を

 このところ日本列島全体で大雨が続いているが、雨量の多いところでは西日本豪雨に匹敵すると予想されている。

 同社が2018年に実施した調査によると、避難すべき状況と認識しつつ避難しなかった人は全体の84%で、その4割以上の人が「自分の周辺は大丈夫だと思った」と回答している。

 同社では、この「浸水被害リスク予測」でリスクが予測される場合は、早めに避難して欲しいとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ウェザーニューズ ニュースリリース
https://jp.weathernews.com/news/37047/


▼ 会社概要
ウェザーニューズは、さまざまな業界に合わせた気象情報を提供している。

社名:株式会社ウェザーニューズ
代表取締役:草開 千仁
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデン

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。