• DIGITALIST
  • Trends
  • Ameri VINTAGEが店舗でバーチャルヒューマンを起用 Face to Faceで対話ができる! 
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.10.08

Ameri VINTAGEが店舗でバーチャルヒューマンを起用 Face to Faceで対話ができる! 

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①Ameri VINTAGEが新宿ルミネ2の店舗でAI搭載の話せるバーチャルヒューマン「アデラ」を起用した。
②アデラにより、来店促進とアパレル業界の盛り上げを狙う。
③アデラが着こなしの提案などをすることで、顧客体験をさら拡大することができる。

AI搭載バーチャルヒューマンが客の質問に応える

 人気D2Cブランド『Ameri VINTAGE(アメリ ヴィンテージ) 』を運営するB STONEは、新宿ルミネ2の店舗にて、日本初の会話ができるバーチャルヒューマン「アデラ」を起用した。



 アデラは、ファッションの専門的な相談はもちろん、些細な質問にも存分に応じることができる。このためアデラに商品の紹介などを全て任せることも可能という。

 今後は、AIが客の身体情報をヒアリングすることで、似合うアイテムや着こなしを提案するなど、顧客体験をさらに拡大することもできる。

 Ameri VINTAGEの代表・黒石奈央子氏は、コロナ禍で客足が減る中、話せるバーチャルヒューマンで来店を促進し、アパレル業界を盛り上げたいとしている。

統合AI「ONE AI」搭載で対話可能に

 今回のバーチャルヒューマン「アデラ」には、ソフトウェア開発などを手がける1SECのオリジナルAIエンジン「ONE AI(ワンエーアイ)」が搭載されている。

 この「ONE AI」は、リアルタイムグラフィック、音声認識AI、映像認識AI、対話特化型AIなどを統合したAIダイアログ・プラットホームで、Face to Faceでの対話を可能にする。このため、カスタマーサービスや、受付、アシスタントなど幅広いシーンで活用することが可能という。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

1SECプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000044158.html


▼ 会社概要
B STONEは、「NO RULES FOR FASHION(ファッションにはルールがない)」をコンセプトとするブランドAmeri VINTAGEを運営している。

社名:B STONE 株式会社
代表取締役:黒石 奈央子
所在地:東京都渋谷区広尾5-7-35 広尾コンプレックスビル2F


▼ 会社概要
1SECは、XR事業を中心としたソフトウェア開発、ブロックチェーンコンテンツの開発プロデュースを行っている。

社名:株式会社1SEC
代表取締役:宮地洋州
所在地:【米国】1541 Ocean Avenue , Santa monica CA, US  【日本】東京都目黒区大橋1-6-13 6F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。