• DIGITALIST
  • Trends
  • 東京ガスがCO2吸収型コンクリート「CO2-SUICOM(R)」の製造を開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 2021.07.10

東京ガスがCO2吸収型コンクリート「CO2-SUICOM(R)」の製造を開始

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① CO2を吸収・固定化させて製造する技術開発に、鹿島建設と共同で取り組む
② 本格的に商品化することに向けてCO2固定量をさらに増加させる技術の開発を推進
③ 生産活動をしながらCO2を削減していく「植物のようなコンクリート」の提供へ

CO2を吸収・固定化させて製造する技術に取り組む

 東京ガスがCO2吸収型コンクリート「CO2-SUICOM(R)」の製造を開始したと、7月7日に発表した。

 東京ガスは鹿島建設などが開発した「CO2-SUICOM(R)」を、都市ガス機器利用時の排ガスに含まれるCO2を吸収・固定化させて製造する技術開発に、鹿島建設と共同で取り組むことに合意。今後、本格的に商品化することに向けて、CO2固定量をさらに増加させる技術の開発を進めるなど、日本国内のCO2排出総量の削減と、脱炭素社会の実現に寄与していく。



生産活動をしながらCO2を削減していく有望な技術

 コンクリートへのCO2固定化は、気候変動対策の一つとして有望な技術とされており、今回の技術開発では、コンクリートブロック1立方メートルにつき、およそ300キログラム(0.3トン)のCO2削減を実現する。これにより、生産活動をしながらCO2を削減していく「植物のようなコンクリート」の提供を目指す。

 東京ガスと鹿島建設は、東京ガス千住テクノステーションにおいて地先境界ブロックの試験製造を行い、排ガスに含まれるCO2の吸収・固定化ができることを確認。東京ガス日立LNG基地の外構工事に導入している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

東京ガス プレスリリース
https://www.tokyo-gas.co.jp/news/press/20210707-01.html

東京ガスのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000570.000021766.html


▼ 会社概要
東京ガスは、東京ガスグループの経営ビジョンである「エネルギーとソリューションを暮らし、都市、地球の未来に」のもと、都市ガスや電気の製造・供給・販売を行うほか、エンジニアリングソリューション事業や情報処理サービス事業などを展開。海外においては上流事業、中下流事業も展開している。

会社名:東京ガス株式会社
代表取締役社長:内田 高史
本社所在地:東京都港区海岸1-5-20

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。