• DIGITALIST
  • Trends
  • ジンズがリアルタイムAR合成アプリを公開 セルフケアメガネ「JINS MEME」でアバター動画を簡単に生成できる! 
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.12.04

ジンズがリアルタイムAR合成アプリを公開 セルフケアメガネ「JINS MEME」でアバター動画を簡単に生成できる! 

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①メガネのジンズがココロとカラダのセルフケアメガネ「JINS MEME」用のリアルタイムAR合成アプリの提供を開始。
②同「JINS MEME」は、複数のセンサーを搭載したメガネ。
③リアルタイムAR合成アプリでは、「JINS MEME」をかけるだけで簡単にアバター動画を生成できる。

特殊機材不要! 誰でも気軽にアバター動画を楽しめる

 メガネのジンズは12月1日、同社のココロとカラダのセルフケアメガネ「JINS MEME(ジンズ ミーム)」を利用してアバター動画を簡単に生成できるリアルタイムAR合成アプリの提供を開始した。



 ココロとカラダのセルフケアメガネは2021年10月に、JINS MEMEの次世代機として発売されたばかりの新型メガネ。

 この次世代機は、鼻当て部分に搭載された複数のセンサーと専用アプリで、ココロとカラダ、BRAIN(集中)の状態を可視化し、ケア方法を提案するというもので、5年以上の歳月をかけて開発された。

「JINS MEME」をエンターテイメント領域で活用

 今回ジンズでは、同次世代機の可能性を追求し、エンターテイメント領域のiOS専用リアルタイムAR合成アプリ「VTUNER(ヴイチューナー)」を開発。App Storeにて無料公開した。

 同アプリ「VTUNER」では、次世代JINS MEMEをかけるだけで、上半身や視線の動き、まばたきの様子を捉えてアバターに反映し、AR合成したアバター動画を簡単に生成することができる。

 スマートフォンのカメラで撮影している風景に、アバターをリアルタイムで登場させることもでき、録画した画像を保存することもできる。

 このほか、アバターの表情や動きを選択できるアクションボタン、背景の選択機能、テロップ挿入の編集機能、アバターをアプリにインポートする機能なども実装されている。

 アバター動画に必要なものは、JINS MEMEとアプリをダウンロードしたスマートフォンだけ。アバターも直感的にコントロールできるため、誰でも気軽にアバター動画を楽しむことができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ジンズ ニュースリリース
https://www.jins.com/jp/topics_detail.html?info_id=400


▼ 会社概要
ジンズはアイウエア及び服飾雑貨の企画、製造、販売と、輸出入を行っている。

社名:株式会社 ジンズ
代表取締役:田中 仁
所在地:東京都千代田区富士見二丁目10番2号 飯田橋グラン・ブルーム30F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。