• DIGITALIST
  • Trends
  • WHILLが成田空港で「WHILL」を用いた実証研究を開始、自動運転による階層移動を実現へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.07.28

WHILLが成田空港で「WHILL」を用いた実証研究を開始、自動運転による階層移動を実現へ

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① 「WHILL」とエレベーターを連携させた階層移動の実証実験を開始へ
② 出発地点から利用者が搭乗するゲートまで階をまたいで全て自動運転で移動
③ 手元のタッチパネルの表示言語を設定できる機能を搭載

「WHILL」と成田空港のエレベーターを連携

 WHILLが成田空港第2旅客ターミナルで、「WHILL自動運転モビリティサービス」とエレベーターを連携させた階層移動の実証実験を開始すると、7月21日に発表した。

 「WHILL自動運転モビリティサービス」は、高いデザイン性と走行性能を備えたパーソナルモビリティに自動運転機能と、自動停止機能を搭載した「WHILL自動運転モデル」と、歩道・室内領域における複数の機体を管理・運用するシステムから構成される自動運転システムサービスである。

 WHILLは今回、同サービスを成田空港第2旅客ターミナルにあるエレベーターと連携させ、出発地点から利用者が搭乗するゲートまで、階をまたいで全て自動運転で移動する実証実験となる。



国際線で初めて運用、多言語設定機能を搭載

 WHILLは同サービスを国際線で初めて運用するため、手元のタッチパネルの表示言語を、英語・日本語・中国語(簡体字/繁体字)・ベトナム語で設定できる機能を搭載。今後は対応言語の拡大も予定している。

 同実証実験は7月28日から8月10日の各日14時から18時まで、出国審査後エリアにて行う。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

WHILL プレスリリース
https://whill.inc/jp/news/119137

▼ 会社概要
WHILLは、 パーソナルモビリティ製品の開発・生産・販売のほか、同製品を使用した移動サービス(MaaS)の提供なども行っている。

会社名:WHILL株式会社
代表取締役社長CEO:杉江 理
本社所在地:東京都品川区東品川2丁目1-11 ハーバープレミアムビル 2F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。