• DIGITALIST
  • Trends
  • ライナロジクスの完全AI自動配車システム、動態管理サービス「MOVO Fleet」と連携
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 2021.01.26

ライナロジクスの完全AI自動配車システム、動態管理サービス「MOVO Fleet」と連携

お気に入り

配車計画作成から輸送車両の緻密な動態管理まで可能に

 ライナロジクスが1月25日から、完全AI自動配車システム「LYNA(ライナ) 自動配車クラウド」と、Hacobuの動態管理サービス「MOVO Fleet(ムーボ・フリート)」を連携したと、同日に発表した。

 「LYNA 自動配車クラウド」はパソコンへインストールせずに、インターネット環境があれば、クラウドサービスを利用して誰でも簡単に優れた配車計画が作成できるシステムだ。

 今回、物流業界に特化したテレマティクスサービスとなっている「MOVO Fleet」と連携したことで、配車計画作成から輸送車両の緻密な動態管理まで、ワンストップでできるようになった。




配車・運用管理担当者の業務負担軽減などに寄与

 「LYNA(ライナ) 自動配車クラウド」で配車計画データを作成・出力し、それを活用して「MOVO Fleet」で動態管理ができるなど、両サービスの併用が可能となるため、配車・運用管理担当者の業務負担軽減などに寄与する。

 また、配車と運用管理を分けて担当する場合も、配車計画の動態管理側へのデータ提供がスムーズに行えるため、コミュニケーションコストの削減につながる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ライナロジクス プレスリリース
https://lynalogics.com/20210125.htm/

ライナロジクスのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000056187.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。