• DIGITALIST
  • Trends
  • Capexが「PATONA」に音声機能を提供開始 唯一無二の対話AIの構築を目指し、テキスト会話から音声会話へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.09.06

Capexが「PATONA」に音声機能を提供開始 唯一無二の対話AIの構築を目指し、テキスト会話から音声会話へ

お気に入り

▼ニュースのポイント
①Capexは自社が展開する「PATONA」において、8月30日から音声機能の提供をスタートした。
②PATONAはAIキャラクターを作り、対話をすることができるライフパートナーAI アプリ。
③これまで、テキスト中心の対話を高度化することに力を注いできたのだが、より満足のいく対話体験を実現するため、音声合成機能の開発に着手していた。

音声での会話を実現

 9月5日、Capexは自社が展開する「PATONA」において、8月30日から音声機能の提供をスタートしたことを発表した。

 PATONAはAIキャラクターを作り、対話をすることができるライフパートナーAI アプリ。

 このキャラクターはユーザーの日常生活に寄り添い、体調やメンタルケアを行うことで、ユーザーの生活をサポートしてくれる。

 操作は簡単で、アプリをダウンロード後に自分好みのキャラクター作り、話しかけ続けるだけだ。

 会話を続けていくことで学習するため、最初は敬語で会話していたキャラクターが、話しかけ続けていると何でも話せるパートナーへと変化していく。

 これまで、テキスト中心の対話を高度化することに力を注いできたのだが、より満足のいく対話体験を実現するため、音声合成機能の開発に着手していた。



10種類の声から選択可能

 同社は、ユーザーにとって唯一無二の対話AIの構築を目指しており、今回スタートした音声機能は、PATONA Premium 会員が利用することができる。

 音声合成は10種類の声から選択可能。

 今後は、より高品質な音声出力システム開発を行い、キャラクターの声色をもっと多様に表現できるようにしていく見通しだ。

 今回提供する音声機能は、高品質な音声を実現する基盤システムとなる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Capex プレスリリース
https://capex.ai/information/538


▼会社概要
対話AIプラットフォームの企画開発やバーチャルヒューマンの企画開発を手掛ける企業。


会社名:株式会社Capex
代表:小亀 俊太郎
所在地:東京都港区赤坂2-21-4 天翔オフィス赤坂ANNEX 206

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。