• DIGITALIST
  • Trends
  • アトラックラボが地表計測用汎用無人車両「Q-Base」を開発、自動で路面状況などの計測が可能に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.12.14

アトラックラボが地表計測用汎用無人車両「Q-Base」を開発、自動で路面状況などの計測が可能に

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① テクノファクトリーと共同で地表計測用汎用無人車両「Q-Base」を開発
② 路面状況などの計測を自動で行うための汎用プラットフォームに
③ RTK-GNSSの自動運転やLiDARを用いたSLAMなどにも対応

地表面から数センチの位置で計測器の保持が可能

 アトラックラボがSテクノファクトリーと共同で、地表計測用汎用無人車両「Q-Base」を開発したと、12月11日に発表している。

 「Q-Base」は、地表面から数センチの位置で計測器などの保持が可能で、路面状況などの計測を、自動で行うための汎用プラットフォームとなっている。



RTK-GNSSによる自動運転などにも対応

 「Q-Base」の制御系は、屋外・屋内の計測に適応するRTK-GNSSの自動運転や、LiDARを用いたSLAMなどにも対応。

 モーター駆動部などの部品は、15ミリ角のアルミフレームに組み付けられるようなアタッチメント形式で、計測器やセンサーの形状に合わせ、車両幅200ミリから1,000ミリ、長さ400ミリから1200ミリ、高さ200ミリから800ミリの間で、自由に設定できる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アトラックラボ
http://attraclab.com/hp/

アトラックラボのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000052796.html

▼ 会社概要
アトラックラボは無人機の設計やAIを用いた制御、自動運転システムの構築など、人工知能、通信、ロボティクス技術を用いて、業務を安全に効率良く遂行するための提案を行っている。

社名:株式会社アトラックラボ(英語表記:Attraclab Co., Ltd.)
代表取締役:伊豆 智幸
本社所在地:埼玉県入間郡三芳町藤久保16-37

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。