• DIGITALIST
  • Trends
  • ソニービズネットワークスが「ELFE on AWS」に良品の画像だけで不良品を検知する新機能を追加 不良品の画像データ不足を解決
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.08.06

ソニービズネットワークスが「ELFE on AWS」に良品の画像だけで不良品を検知する新機能を追加 不良品の画像データ不足を解決

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①ソニービズネットワークスがAI画像判別ソリューション「ELFE on AWS」に新機能を追加した。
②これまで製造現場では、不良品が少ないため、不良品の画像を収集することが難しかった。
③新機能では、良品の画像だけで不良品を検知できる。

実は難しかった不良品の画像収集

 ソニービズネットワークスは8月4日から、同社のAI画像判別ソリューション「ELFE on AWS」にて、良品の画像を学習させるだけで不良品を検知する「異常検知機能」の提供を開始した。



 同社が提供する「ELFE on AWS」は、不良品の画像を活用した良品/不良品の判定として、主に製造業の検査工程などで利用されてきた。

 しかし、技術力の高い製造現場では不良品があまり検出されないため、教師データとなる不良品の画像を収集することが難しく、課題となっていた。また、AIが不良品と判定しても、不良品となった理由を把握することができなかったという。

 そこで今回「ELFE on AWS」では、オートエンコーダ(自己符号化器)を利用し、良品画像を学習させるだけで不良品の判別が可能なAIモデルを生成する機能を追加した。

正常との差分で不良品を検出

 オートエンコーダの処理では、良品画像の復元を学習させ、不良品画像を入力した場合に、AIが良品画像に近づける処理を行う。今回の機能では、この動きを利用し、入力と出力の差分が大きい場合に不良品として判別する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ソニービズネットワークス ニュースリリース
https://sonybn.co.jp/news/2022/0804/


▼ 会社概要
ソニービズネットワークスは、電気通信事業法に基づく電気通信事業、ネットワークインテグレーション事業を展開している。

社名:ソニービズネットワークス株式会社
代表取締役:小笠原 康貴
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ ウエスト23階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。