• DIGITALIST
  • Trends
  • ドコモと東急バスがバス車内混雑回避に向けた実証実験用アプリを提供開始 アプリが空いているバスをおすすめ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.09.18

ドコモと東急バスがバス車内混雑回避に向けた実証実験用アプリを提供開始 アプリが空いているバスをおすすめ

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①ドコモと東急バスがバス混雑回避に向けた実証実験用アプリの提供を開始した。
②同アプリでは、混雑回避を促して空いているバスをおすすめする。
③混雑したバスを見送った人にはdポイントも贈られる。

アプリで混雑回避を促し行動変容につなげる

 NTTドコモと東急バスは9月16日から、バス車内の混雑緩和に向けた実証実験の第2弾として、東急バスの利用者に実証実験用アプリ「バス快適乗車案内」の提供を開始した。



 同アプリは、東京都と神奈川県を運行する東急バスの一部路線を対象とし、2021年12月23日まで提供される。実証では、この路線における同アプリ利用者に混雑回避を促すことでバス車内の混雑を平準化できるかを検証する。

混雑したバスを見送った人にはdポイントも

 今回のアプリでは、行動経済学の「ナッジ」(そっと後押しする)を活用したメッセージを配信することで人々の潜在ニーズに働きかけ、混雑したバスの乗車を見送るよう促す。

 具体的には、バス停で混雑したバスへの乗車を見送り、数分後に「空いているおすすめバス」の到着が見込まれる場合に、アプリ利用者のスマートフォンにプッシュ通知が届く。また、プッシュ通知に従って混雑したバスへの乗車を見送った人にはdポイントが贈られる。

 さらに同アプリでは、東急バスのリアルタイム運行情報を活用し、バス停へのバス接近情報やバス車内の混雑情報をリアルタイムに把握することができる。

 なお、同アプリはiOS・Android に対応し、外部リンクのNTTドコモ・東急バスのプレスリリースよりダウンロードすることができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NTTドコモ・東急バス ニュースリリース
https://www.tokyubus.co.jp/news/20210916_01.pdf


▼ 会社概要
NTTドコモは、携帯電話をはじめとする通信事業やスマートライフ事業などを行っている。

社名:株式会社NTTドコモ
代表取締役:井伊 基之
所在地:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー


▼ 会社概要
東急バスは、自動車運送事業、不動産賃貸業などを行っている。

社名:東急バス株式会社
代表取締役:古川 卓
所在地:東京都目黒区東山三丁目8番1号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。