• DIGITALIST
  • Trends
  • NTTドコモが「ドコモ・アバターポータル」を開発 アバターを作成・管理し、連携する各種サービスで利用可能に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.01.12

NTTドコモが「ドコモ・アバターポータル」を開発 アバターを作成・管理し、連携する各種サービスで利用可能に

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①NTTドコモが「ドコモ・アバターポータル」を開発。
②同ポータルでは、アバターの作成・登録・管理・呼び出しが可能。
③作成したアバターは連携する複数のサービスで利用することができる。

サービスごとにアバターを作る必要がなくなる

 NTTドコモは1月11日、XR空間でアバターを作成でき、そのアバターをユーザーのアカウントに紐付けて登録・管理できる「ドコモ・アバターポータル」を開発したと発表した。

同ポータルを外部のXRサービスと連携することで、作成したアバターを複数のサービスで使えるようになるという。



 現在は、XRを利用するサービスは各種あるが、アバターを作成するシステムはそれぞれ異なるという状況にある。このため、ユーザーはサービスごとに新たなアバターを作る必要があり、サービス提供者も、アバターを作成するシステムの構築や管理にコストを要している。

 今回、同社が開発した「ドコモ・アバターポータル」は、これらの課題を解決するというもの。

アバターの作成・登録・管理・呼び出しが可能

 「ドコモ・アバターポータル」では、顔写真一枚からリアルな3Dアバターを生成でき、身長・体型・髪型・服装を選択することもできる。

また、同ポータルの特徴として、作成したアバターをユーザーのアカウントに紐付けて登録・管理し、アカウントをキーにして呼び出すことができる。

 これにより、作成したアバターを連携する複数のサービスで利用したり、登録した複数のアバターの中からサービスに応じてアバターを選んで使ったりすることも可能となる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NTTドコモ ニュースリリース
https://www.nttdocomo.co.jp/


▼ 会社概要
NTTドコモはNTTの完全子会社で、通信事業サービスやスマートライフ事業などを展開している。

社名:株式会社NTTドコモ
代表取締役:井伊 基之
所在地:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。