• DIGITALIST
  • Trends
  • グロース Xが企業向けAI学習アプリを販売開始 企業のAI活用を推進
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.08.07

グロース Xが企業向けAI学習アプリを販売開始 企業のAI活用を推進

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①グロース Xが企業向けにAI学習アプリ「グロース X AI編」の販売を開始。
②「グロース X AI編」は、文系人材も学べるチャット&コラボ型。
③同アプリにより、企業のAIに関する悩みを解決し、AI活用を推進する。

チャット&コラボ型アプリで文系人材でも学べる

 デジタル人材育成の学習アプリを手がけるグロース Xは8月3日、企業のAI人材を育成する学習アプリ「グロース X AI編」の販売を開始した。文系人材も学べるチャット&コラボ型のアプリで、企業のAI活用と推進を目指す。



 学習アプリを100社以上に提供する同社は、今回、新シリーズのAI編をリリースした。これに伴い、同社のAI戦略アドバイザーとして、日本ディープラーニング協会 人材育成委員メンバーの野口竜司氏が就任し、新サービスの総指揮・監修を手がける。

企業のAIに関する悩みを解決!

 現在は、ごく一部の社内人材だけがAIを理解していれば良いという時代ではなくなった。だが、多くの企業では、「AIの教育カリキュラムが整っていない」「AI企画を生み出せない」「AI推進のチーム力が不足」などの課題を抱えている。

 これらの課題を解決すべく、今回の「グロース X AI編」では、実戦でAIを使えるようにカリキュラムが作成されている。また、チャット形式で学べるようになっているため、文系人材もスキマ時間を活用して学習ができる。

 さらに、チームメンバーと同時に学ぶコラボ型のため、「共通言語」が生まれ、チームメンバー全員で自然とAI企画が生まれるという。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

グロース X ニュースリリース
https://grtx.jp/news/5791


▼ 会社概要
グロース Xは、マーケティング人材育成サービスとして、マーケティング学習アプリ「コラーニング」を運営している。

社名:株式会社グロース X
代表取締役:津下本 耕太郎
所在地:東京都品川区大崎1丁目11番2号 ゲートシティ大崎 イーストタワー8F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。