• DIGITALIST
  • Trends
  • ライナロジクス、AI搭載のクラウド型ロジスティクス予測システムをリリース
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.01.27

ライナロジクス、AI搭載のクラウド型ロジスティクス予測システムをリリース

お気に入り

1月19日に「LYNA 荷姿数量予測」をリリース

 ライナロジクスが1月19日に、AI搭載のクラウド型ロジスティクス予測システム「LYNA 荷姿数量予測」をリリースしたと、同日に発表している。

 出荷の現場では店舗からの発注データがあっても、トラックに載せるカゴ数などの荷姿・数量が分からず、配送に必要な車両台数が予測しづらい現状がある。また、現場マネジャーの経験や勘から荷姿・数量を予測している物流センターが多くなっているが、そういった予測では結果にばらつきがでてしまう。

 「LYNA 荷姿数量予測」では、ライナロジクスが開発したAIアルゴリズムが学習して、出荷量を自動算出。過去の出荷実績データから荷姿・数量を予測するクラウドサービスになっている。



必要となる出荷実績データは7日分、高精度な予測が可能

 一般的なAIによる学習は膨大なデータが必要だが、「LYNA 荷姿数量予測」では必要となる出荷実績データは7日分。ロジスティクスデータに特化した最新かつ独自のAIアルゴリズムによって、少ない学習データで高精度な予測を可能にした。

 また、AIによる学習は自動で行われ、商品マスターの作成は不要。新商品のため、出荷実績データが得られない場合でも、カテゴリー情報に基づいてAIが荷姿・数量を推計する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ライナロジクス プレスリリース
https://lynalogics.com/20210119.htm/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。