sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • PKSHAがヤマシタにAIヘルプデスク for Microsoft Teamsを導入、バックオフィス部門への問い合わせ窓口を一本化
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2023.05.25

PKSHAがヤマシタにAIヘルプデスク for Microsoft Teamsを導入、バックオフィス部門への問い合わせ窓口を一本化

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① ヤマシタがAIヘルプデスク for Microsoft Teamsの運用開始
② 幅広い質問項目に対してFAQの設置などが可能なことから導入
③ 対話データからFAQの自動作成も可能

Microsoft Teams上での問い合わせを管理

 PKSHA Technologyのグループ企業であるPKSHA Workplaceが、ヤマシタとともにAIヘルプデスク for Microsoft Teams(AIヘルプデスク)の運用を、4月から開始した。

 ヤマシタでは人事・総務など、バックオフィス部門への問い合わせ増加が負荷となっていた。また、データ蓄積の観点でも対応ログが残らない電話やメール対応への課題があり、チャットへの切り替えが検討されてきた。

 そこで既存のMicrosoft Teams上での問い合わせの管理や、幅広い質問項目に対してFAQの設置などが可能なことから、ヤマシタがAIヘルプデスクの導入を決定するに至っている。



GPT-4搭載AIヘルプデスクで対話データをFAQ化

 AIヘルプデスクでは、初期設定のFAQで自動回答ができない問い合わせに対しては、対人チャットに切り替えを行う。その際に得られた対話データからFAQの自動作成も可能。より回答精度が上がる仕組みが構築されている。

 PKSHA Workplaceは今後、さまざまな問い合わせ対応窓口を一本化するほか、回答精度向上と問い合わせデータの蓄積を進めることで更なる生産性の向上などを図るとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

PKSHA Technology プレスリリース
https://www.pkshatech.com/news/20230519/

PKSHA Technologyのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000102.000022705.html

▼ 会社概要
PKSHA Technologyは、自然言語処理、機械学習/深層学習技術に関わるアルゴリズムを研究開発し、PKSHA AI SaaS製品として社会実装を進めている。

会社名: 株式会社PKSHA Technology
代表取締役:上野山 勝也
本社所在地:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル 4F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。

公開終了のお知らせ

2024年1月24日以降に
ウェブサイトの公開を終了いたします