• DIGITALIST
  • Trends
  • キヤノンが今月中旬に「Vision Edition 2」を発売 画像処理能力が向上し、接続可能なカメラが拡大
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.09.09

キヤノンが今月中旬に「Vision Edition 2」を発売 画像処理能力が向上し、接続可能なカメラが拡大

お気に入り

▼ニュースのポイント
①キヤノンは今月中旬に「Vision Edition 2」を発売する。
②同社はこれまで「Vision Edition」をリリースし、点検業務や検査業務の効率化や省人化に寄与してきた。
③新ソリューションでは、これまで以上に高精度な画像解析が可能になった。

新ソリューションが登場

 9月6日、キヤノンは今月中旬に「Vision Edition 2」を発売することを発表した。

 近年、物流倉庫や工場などでは、労働力不足や人件費の高騰が叫ばれている。

 そのような問題を解決すべく、AIやIoTを活用して、さまざまな工程を自動化する動きが急速に進んでいる。

 そんな中、同社は「Vision Edition」をリリースし、欠品検査や外観検査などの画像検査や、メーターやバーコードの読み取りなどに画像解析結果を活用し、点検業務や検査業務の効率化や省人化に寄与してきた。

 今回は、Vision Edition 2をリリースし、これまで以上に幅広い現場のDX推進に貢献する。



現場のDXを加速できるソリューション

 Vision Edition 2は、ディープラーニングにより文字認識を強化し、パターンマッチング精度を高めることによって、これまで以上に高精度な画像解析が可能になる。

 また、キヤノンITソリューションズが提供するAI検査プラットフォームを同ソリューション内で使うことができるため、従来通りのルールベース方式の画像処理だけでなく、AI画像処理を組み合わせた画像検査もできる。

 USB3 Vision規格の産業用カメラ、UVC規格のウェブカメラ、キヤノン製やアクシス製のネットワークカメラなど、さまざまなカメラと接続可能なところも大きなポイントだろう。

 種々のカメラから、環境や用途に合わせて、適したカメラを採用することができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

キヤノン プレスリリース
https://canon.jp


▼会社概要
プリンティング事業、インダストリアル事業、メディカル事業、イメージング事業などを手掛ける企業。


会社名:キヤノン株式会社
代表:御手洗 冨士夫
本社所在地:東京都大田区下丸子3丁目30番2号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。