• DIGITALIST
  • Trends
  • 「リトルプラネット」に新アトラクションが登場 新感覚のお絵かき遊びを楽しめるように
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.07.19

「リトルプラネット」に新アトラクションが登場 新感覚のお絵かき遊びを楽しめるように

お気に入り

▼ニュースのポイント
①プレースホルダが「リトルプラネット」において、7月17日から「SKETCH DUNGEON(スケッチダンジョン)/お絵かきAIダンジョン」をスタート。
②リトルプラネットはデジタル技術を駆使した次世代型テーマパーク。
③新アトラクションは、「お題」に沿った絵をスクリーンに描くと、その画力をAIが判定してくれる。

新たなアトラクションが登場

 7月16日、プレースホルダは自社が展開する「リトルプラネット」において、7月17日から新たなアトラクションが登場することを発表した。

 リトルプラネットはゲームでもスマホでも体験することができない、次世代型テーマパーク。デジタル技術を駆使することで、遊びを学びに変え、こどもたちの好奇心を刺激する。

 そんな同パークに新たなアトラクションが仲間入りすることになった。稼働スケジュールが各パークによって異なるため、事前に確認しておくとベター。



昔ながらの遊びと最先端技術を融合

 今回登場するのは「SKETCH DUNGEON(スケッチダンジョン)/お絵かきAIダンジョン」だ。

 次々に出てくる「お題」に沿った絵をスクリーンに描くと、その画力をAIが判定してくれるという、新感覚のお絵かきアトラクションである。

 古代遺跡を彷彿とさせるダンジョンで、より速くお題に応えながら高得点を目指す。

 絵を描けば描くほどデータを蓄積することができるため、より緻密な判定ができるようになる。

 このアトラクションは、昔ながらの「お絵かき遊び」と最先端技術を組み合わせ、こどもたちに「未来のアソビ」を提供する。 

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

プレースホルダ プレスリリース
https://litpla.com/news/202107_sketch_dungeon/


▼会社概要
テーマパーク事業やエクスペリエンスデザイン事業を手掛ける企業。


会社名:株式会社プレースホルダ
代表取締役:後藤 貴史
所在地:東京都品川区西五反田7丁目 22 番 17 号 TOCビル 4 階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。