sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • セイコーソリューションズが食品・水産製造卸企業向け「生産・製造管理システム」をサブスクで提供開始 デジタル管理改革を低コストで実現
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.08.23

セイコーソリューションズが食品・水産製造卸企業向け「生産・製造管理システム」をサブスクで提供開始 デジタル管理改革を低コストで実現

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①セイコーソリューションズが食品・水産製造卸企業向け「生産・製造管理システム」を開発。
②同システムは、工場の製造・経営コスト、製造現場の作業能率、ミス防止などの課題解決を実現するというもの。
③低コストで導入できるよう、サブスクリプションで提供を開始した。

食品製造現場での徹底的な観察・聞き込みにより開発

 セイコーソリューションズは8月19日、食品・水産製造卸企業向け生産・製造管理システム「CaptainBrain」を開発し、8月1日よりサブスクでの提供を開始したと発表した。

 同システムは、工場の製造・経営コスト、製造現場の作業能率、ミス防止などの課題解決を低コストで実現するというもの。



 食品・水産製造卸企業の工場現場では、根強く残る紙文化、ベテラン社員の高齢化、若手育成問題、原料価格・製造原価上昇などの諸問題を抱え、工場経営の存続リスクに晒されている。

 このため、投資をしてでも製造効率や作業効率を上げる必要性が生じているが、初期投資に多額のお金をかけることは難しい状況という。

 今回の「CaptainBrain」は、このような投資コストの関係でデジタルによる管理改革に踏み切ることができなかった企業向けに、食品製造現場で徹底的な観察・聞き込みをして開発された。

工場現場のノウハウを見える化

 「CaptainBrain」では、工場の製造・生産管理ノウハウの見える化と、現場に即した作業能率の管理を、初期投資不要のサブスクリプションで提供。

 Webブラウザー(Google Chrome)でアクセスでき、日々の製造時間のリアルタイム自動予実管理で、商品毎・工程毎に作業能率を可視化。また、商品毎のデジタルガイドでオペレーションミス防止や、納期・在庫・人的キャパシティーのリアルタイム把握を行う。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

セイコーソリューションズ ニュースリリース
https://www.seiko-sol.co.jp/archives/70561/


▼ 会社概要
セイコーソリューションズは、セイコーホールディングス株式会社全額出資の事業会社で、ICTソリューションの提供などを行っている。

社名:セイコーソリューションズ株式会社
代表取締役:関根 淳
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-8

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。