• DIGITALIST
  • Trends
  • 三重県が全国初のDXワンストップ相談窓口「みえDXセンター」をスタート! 県のDXを強力に推進
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.09.02

三重県が全国初のDXワンストップ相談窓口「みえDXセンター」をスタート! 県のDXを強力に推進

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①三重県が全国初のDXワンストップ相談窓口「みえDXセンター」をスタートした。
②同センターは、18名のDXアドバイザーズ(専門家)、11社のDXパートナーズ(企業)と連携。
③相談に合わせてアドバイザーやパートナーを選定して相談に応じる。

DXを牽引する専門家や企業がアドバイス

 三重県は9月1日、県民や県内事業者、行政機関のDXを強力に推進しようと、全国初のDXワンストップ相談窓口「みえDXセンター」をスタートした。



 同センターでは、「DX推進の専門人材を確保したい」や「どのようなソリューションがあるのか知りたい」などのような相談に対し、専門家や企業がアドバイスなどを行う。

相談に合わせてアドバイザーやパートナーを選定

 三重県は2021年4月にデジタル社会推進局を設置し、三重県としてのデジタル社会形成に向けた「あったかいDX」を進めている。

 今回の「みえDXセンター」では、県内外のDXを牽引する専門家(みえDXアドバイザーズ)や企業(みえDXパートナーズ)と連携し、相談内容に合わせてセンターがマッチングして相談に応じる。

 みえDXアドバイザーズは企業や組織の代表などを務める18名で、うち5名は総務省の地域情報化アドバイザーでもある。

 一方のみえDXパートナーズは11社で、アマゾン ウェブ サービス ジャパンや、NTTドコモ、グーグル、KDDI、ソフトバンクなどの企業が名を連ねている。

 また三重県では、同県のDX推進に係る取り組みの方向性などについて、最高デジタル責任者などに意見や助言をするための有識者「みえDXボード」(4名)も設置する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

三重県プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000020.000075701.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。