• DIGITALIST
  • Trends
  • リコー、業務効率化や新たな価値の創造に貢献する「仕事のAI」を提供開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 2021.06.19

リコー、業務効率化や新たな価値の創造に貢献する「仕事のAI」を提供開始

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①リコーが新サービス「仕事のAI」の提供を開始する。
②「仕事のAI」は、企業固有の情報資産をAIで分析・体系化することで、業務効率化や新たな価値の創造につなげるというもの。
③第1弾として、「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」を7月に発売する。

企業に眠る情報資産が新たな価値を生み出す

 リコーは6月17日、企業固有のドキュメントなどをAIで分析し、業務の効率化や新たな活用価値の創造につなげる新サービス「仕事のAI」の提供を開始すると発表した。

 この第1弾として、「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」を、7月中旬に食品業界の大手・中堅企業向けに発売するとしている。



 企業や組織には、事業活動を通して得た営業日報などのドキュメントや、映像、画像、音声などの情報資産が蓄積されているが、これらはあまり活用されていないのが実情だ。

 今回の「仕事のAI」では、これらの情報資産を自然言語処理AI技術で分析・体系化し、多種多様な情報を結びつけることで、幅広い事象の動向や傾向の把握、将来の予測を支援する。これによって、「問題の発見」「課題解決策の策定」「新たな価値の創出」をよりスムーズに行うことができるという。

第1弾を食品業界向けに発売

 7月に発売する「RICOH 品質分析サービス Standard for 食品業」は、コールセンターやヘルプデスクに蓄積された膨大な問い合わせ情報をAIが項目ごとに分類し、重要度順に表示するというもの。これを利用することで、重要度の高い案件を効率的にチェックすることが可能となる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

リコー ニュースリリース
https://jp.ricoh.com/release/2021/0617_1/


▼ 会社概要
リコーは、デジタルプロダクツの製造や、ソリューションの販売などを行っている。

社名:株式会社リコー
代表取締役:山下 良則
所在地:東京都大田区中馬込1-3-6

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。