sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • PKSHAがAIヘルプデスク for Microsoft Teamsを東亜建設工業に導入、大幅な業務改善へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2023.03.24

PKSHAがAIヘルプデスク for Microsoft Teamsを東亜建設工業に導入、大幅な業務改善へ

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① AIヘルプデスク for Microsoft Teamsの運用を開始
② RPAツールとの連携性が高いことなどが導入の理由に
③ 独自機能「ナレッジメーカー」を活用

RPAツールとの連携性が高いことなどから導入を決定

 PKSHA Technologyのグループ企業であるPKSHA Workplace(PKSHA)が、総合建設業の東亜建設工業とAIヘルプデスク for Microsoft Teamsの運用を開始したと、3月20日に発表している。

 東亜建設工業では、一般的な社内問い合わせのほかにも、技術的な知識を要する内容のものまで、専門的な問い合わせへの対応が求められていた。しかし問い合わせ窓口がさまざまなチャネルにまたがっており、問い合わせる側の分かりづらさに加え、対応する側も応対負荷が大きいといった課題もあった。

 そこで問い合わせ業務の一部をRPAと連携。大幅な業務改善を図るため、Microsoft TeamsとRPAツールの連携が求められている中、東亜建設工業が搭載AIチャットボットの対応性能の高さと、RPAツールとの連携性の高さなどから、同AIヘルプデスクの導入を決定した。



さまざまなテキストデータからQ&Aを自動作成

 PKSHAは同AIヘルプデスクを導入する際に、専門的な問い合わせと回答のセットを作成するべく、さまざまなテキストデータからQ&Aを自動作成する独自機能を活用した。

 Microsoft Teams上で問い合わせでき、従業員の問い合わせに関する負荷軽減のほか、問い合わせ窓口の一元化を実現している。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

PKSHA Technology プレスリリース
https://www.pkshatech.com/news/20230320/

PKSHA Technologyのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000087.000022705.html

▼ 会社概要
PKSHA Technologyは、自然言語処理、機械学習/深層学習技術に関わるアルゴリズムを研究開発し、PKSHA AI SaaS製品として社会実装を進めている。

会社名: 株式会社PKSHA Technology
代表取締役:上野山 勝也
本社所在地:東京都文京区本郷 2-35-10 本郷瀬川ビル 4F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。

公開終了のお知らせ

2024年1月24日以降に
ウェブサイトの公開を終了いたします