• DIGITALIST
  • Trends
  • ライフログテクノロジーが特定保健指導実施機関向けに「カロミル特定保健指導」をリリース 業務負荷軽減と指導の質向上へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.05.06

ライフログテクノロジーが特定保健指導実施機関向けに「カロミル特定保健指導」をリリース 業務負荷軽減と指導の質向上へ

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①ライフログテクノロジーがスリーゼットと「カロミル特定保健指導」を共同開発し、リリースした。
②「カロミル特定保健指導」は、特定保健指導専用の完全オンラインツール。
③特定保健指導のオンライン化により、業務負荷の軽減や指導の質向上が可能となる。

特定保健指導をオンライン化

 健康管理アプリ「カロミル」を提供するライフログテクノロジーは4月25日、特定保健指導実施機関などを対象にした特定保健指導専用の完全オンラインツール「カロミル特定保健指導」をリリースした。

 同ツールは、クラウド特定保健指導業務支援ソフトの「健康白書」を提供するスリーゼットと共同で開発された。



 「カロミル」は、特許技術の「カメラロール解析」により、摂取した食事の写真をスマホのカメラで撮るだけで食事内容を識別し記録するアプリ。体重、血圧、血糖値も写真を撮るだけで簡単に記録できる。また、独自AIの搭載により、カロリーや栄養素の記録・計算、3カ月後の体重の推測やアドバイスもできる。

指導対象者とのやり取りはアナログ

 一方、特定保健指導実施機関などでは、指導は面談・電話・手紙などのアナログで行い、スケジュール管理・支援記録はエクセルや紙で、法定報告用のXMLデータには専用ソフトを用いるなど、複数媒体を使用しているところが多い。

 そこで、指導対象者が簡単に食事や体重などを記録でき、指導者の業務も一本化できるよう、「カロミル」を使用したウェブツール「カロミル特定保健指導」を開発した。

 「カロミル特定保健指導」では、特定保健指導における対象者・指導の管理、法定報告用データ作成までを1つのツールで完了させることができる。また、オンライン化することで、業務負荷の軽減や指導の質向上も可能となる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ライフログテクノロジー プレスリリース
https://www.calomeal.com/pressrelease/20220425.html


▼ 会社概要
ライフログテクノロジーはヘルスケア関連のテクノロジー企業。主にヘルスケアアプリ「カロミル」の開発・運営を行っている。

社名:ライフログテクノロジー株式会社
代表取締役:棚橋繁行
所在地:東京都中央区日本橋三丁目2番14号 新槇町ビル別館第一 1階


▼ 会社概要
スリーゼットは医療情報関連システムのソフトウェアの開発・販売などを行っている。

社名:株式会社スリーゼット
代表取締役:酒匂秀浩
所在地:東京都千代田区神田須田町1-24 アイセ神田ビル5階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。