• DIGITALIST
  • Trends
  • パレ・フタバがマスクのバーチャル試着サービスをリリース マスクは試着ができないという悩みを解消
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.08.19

パレ・フタバがマスクのバーチャル試着サービスをリリース マスクは試着ができないという悩みを解消

お気に入り

▼ニュースのポイント
①パレ・フタバがマスクのバーチャル試着サービス「Try FIT on! 」をリリース。
②「マスクは試着ができない」という悩みから同サービスの開発に至った。
③このサービスは無料で利用可能で、「ウィール」のマスクを購入する前に、全228種類のマスクをweb上で試着することができる。

マスクを試着したいという思いから

 8月18日、パレ・フタバはマスクのバーチャル試着サービス「Try FIT on! 」をリリースした。

 同社はマスク特化型ライフスタイルブランド「ウィール」を展開。

 「マスク生活を心地よいものにしたい」という願いから生まれたこのブランドは、マスクやマスクケース、マスクケア用品などを販売している。

 新型コロナウイルス感染症の影響もあり、マスクを使う毎日の中、「マスクは試着ができない」という悩みからTry FIT on! の開発に至った。

 このサービスは無料で利用可能で、ウィールのマスクを購入する前に、全228種類のマスクをweb上で試着することができる。



2枚の写真と1枚の千円札を用意

 Try FIT on! を利用するのに必要なのは2枚の写真と、1枚の千円札のみ。

 千円札を半分に折り、最新のAIシステムが千円札と顔の大きさを比較することで、サイズ計測を非接触で行うことができるのである。

 このシステムではXSからLまでの4サイズを試着することが可能で、AIシステムがどのくらいマスクがフィットしているかをパーセンテージで表す。

 バーチャル試着で気に入ったものがあれば、その場で購入可能。わざわざホームページを介して購入する必要がないところもユーザーには嬉しいポイントだろう。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

パレ・フタバ プレスリリース
https://we-ll-mask.com/


▼会社概要
ボウリング場やカラオケ、ゲーム施設などの総合レジャー施設運営、繊維製品の製造から卸売りを手掛ける企業。


会社名:パレ・フタバ株式会社
代表取締役会長:深井 喜一郎
所在地:大阪府吹田市千里山東1丁目7番18号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。