• DIGITALIST
  • Trends
  • アトラックラボが自動走行する汎用電動台車を開発、レール上を一定速度で走行が可能に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.12.18

アトラックラボが自動走行する汎用電動台車を開発、レール上を一定速度で走行が可能に

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① 自律運転用台車AT-Cartがベースの汎用電動台車を開発
② LiDARやAIカメラを用いた自律運転にも対応
③ 左右独立のインホイールモーターでレール外において旋回も可能

パイプレールに対応した自動走行モデル

 アトラックラボが自律運転用台車AT-Cartをベースに、自動走行する汎用電動台車を開発したと、12月12日に発表している。

 同汎用電動台車は、直径30ミリから60ミリのパイプレール対応の自動走行モデルで、レール上を一定速度で走行が可能。マグネットセンサーで折り返すなどの制御のほか、LiDARやAIカメラを用いた自律運転にも対応する。



インホイールモーターを搭載し、レール外でも走行が可能

 レール幅は200ミリから1500ミリに対応しており、ハウス内の搬送や自動計測なども可能。レール幅600ミリ用の車両重量は18キロと軽量でありながら、積載可能重量は100キロと大きな積載能力があることも特徴の1つ。

 左右独立のインホイールモーターを搭載し、レール外においてはその場で旋回も可能で、狭い通路での自動走行もできる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アトラックラボ
http://attraclab.com/hp/

アトラックラボのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000081.000052796.html

▼ 会社概要
アトラックラボは無人機の設計やAIを用いた制御、自動運転システムの構築など、人工知能、通信、ロボティクス技術を用いて、業務を安全に効率良く遂行するための提案を行っている。

社名:株式会社アトラックラボ(英語表記:Attraclab Co., Ltd.)
代表取締役:伊豆 智幸
本社所在地:埼玉県入間郡三芳町藤久保16-37

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。