• DIGITALIST
  • Trends
  • NTTPCコミュニケーションズが「AnyMotion」のAPI提供を開始 身体の動きを容易にデータ化できるように
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.08.01

NTTPCコミュニケーションズが「AnyMotion」のAPI提供を開始 身体の動きを容易にデータ化できるように

お気に入り

▼ニュースのポイント
①NTTPCコミュニケーションズが8月2日に「AnyMotion」のAPI提供を開始する。
②AnyMotionは身体の動きをデータ化可能なAIサービス。
③クラウドサービスであるため、動画や静止画を解析するセンサーやGPUサーバーなどを自前で用意する必要がないところも大きなメリット。

「AnyMotion」の提供開始

 8月2日、NTTPCコミュニケーションズは「AnyMotion」のAPI提供を開始する。

 AnyMotionは身体の動きをデータ化可能なAIサービス。

 スポーツ業界やヘルスケア業界などで、身体の使い方や動かし方を指導するサービスを提供する企業向けのサービスだ。



実証実験で明らかに

 同社は昨年3月から9月までの期間、AnyMotionの実証実験を行っていた。

 この実証実験により、AIが動作解析や姿勢推定を行うことによって、身体の動きを容易にデータ化できることが明らかに。

 身体の動かし方を言葉でうまく表現できない時や、リハビリの効果を視覚で伝えることが難しい時などにAnyMotionを活用すれば、わかりやすく伝えることが可能になる。

AnyMotionの特徴

 AnyMotionはAIに関する専門知識がなくても容易に使うことができる。

 カメラやスマートフォンなどで撮影した動画や静止画から、AIが自動で関節の位置を推定する。関節角度の計算機能や、関節位置を描画処理して画面上に表示する機能なども利用することが可能。

 また、クラウドサービスであるため、動画や静止画を解析するセンサーやGPUサーバーなどを自前で用意する必要がないところも大きなメリットだろう。

 最大で2カ月無料で使えるトライアルキャンペーンも実施する見通しだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

NTTPCコミュニケーションズ プレスリリース
https://www.nttpc.co.jp


▼会社概要
ネットワーク事業やデータセンター事業などを手掛ける企業。

セキュリティ機器や通信機器製品の販売から、製品保守サービスなどの提供も行っている。


会社名:株式会社エヌ・ティ・ティピー・シーコミュニケーションズ
代表取締役社長:工藤 潤一
所在地:東京都港区西新橋2-14-1 興和西新橋ビルB棟

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。