• DIGITALIST
  • Trends
  • パナソニックが壁掛形非常用放送設備の新シリーズを発売、デジタルサイネージによる視覚化が可能に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.11.25

パナソニックが壁掛形非常用放送設備の新シリーズを発売、デジタルサイネージによる視覚化が可能に

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① 壁掛形非常用放送設備の新シリーズ「WK-EK300NTシリーズ」を発売
② デジタルサイネージとの連携で視覚化が可能に
③ 「WK-EK300シリーズ」の機能もそのまま使用可能

「WK-EK300シリーズ」にネットワーク機能を追加

 パナソニック コネクティッドソリューションズが2022年1月に、壁掛形非常用放送設備の新シリーズ「WK-EK300NTシリーズ」を発売すると、11月9日に発表した。

 同シリーズには、発売済みの「WK-EK300シリーズ」にネットワーク機能を追加。デジタルサイネージとの連携で視覚化ができるようになり、よりスムーズな避難誘導を可能にした。

 さらにSDカードの音源を10種類も再生できる機能のほか、週間プログラムタイマー機能を搭載したことで、スケジュール放送もできるようになっている。



「WK-EK300シリーズ」の機能も使用可能

 「WK-EK300NTシリーズ」では、「WK-EK300シリーズ」の機能もそのまま使用可能。10局、20局、30局の3つのモデルで、放送エリア数の多い施設にも柔軟に対応する。また、最大出力は420Wとなっていることから、多数のスピーカーが必要な施設にも対応できる。

 さらに日・英・中・韓の4か国語で64メッセージを内蔵しており、多言語で外国人への情報発信が可能。5つのファンクションスイッチで、放送先まとめや音源再生、外部制御出力もできる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

パナソニック プレスリリース
https://news.panasonic.com/

▼ 会社概要
パナソニックは主に白物家電分野に加え、照明器具・配線器具などの住宅設備分野、リチウムイオン二次電池などの車載分野で事業を展開し、成長戦略を進め、顧客の価値につながる研究開発に取り組んでいる。

社名:パナソニック株式会社(英語名:Panasonic Corporation)
代表取締役 社長執行役員 CEO:楠見 雄規
本社所在地:大阪府門真市大字門真1006番地

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。