• DIGITALIST
  • Trends
  • ニコン・トリンブル、橋梁点検支援 ひび割れ画像計測ソリューションを発売開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 2021.01.27

ニコン・トリンブル、橋梁点検支援 ひび割れ画像計測ソリューションを発売開始

お気に入り

カメラの専門知識は不要!

 ニコンとアメリカTrimble Inc.のジョイントベンチャー、ニコン・トリンブルは1月26日から、コンクリート構造物のインフラ点検業務を支援する画像計測ソリューション「SightFusion(サイトフュージョン)」の販売を開始した。



 同ソリューションでは、画像処理技術とAIを活用することで、カメラの専門的な知識がなくとも、計測写真の撮影やリアルタイム合成を簡単に行うことができる。リアルタイムで合成することで、撮影漏れや低画質による再撮影の抑制が可能となる。さらに、点検データのデジタル化も実現できる。

画像計測ソリューション「SightFusion」の概要

 同ソリューションは、SightFusion for Capture(ひび割れ撮影ソフトウェア)と、SightFusion for Inspection(ひび割れ自動検出Webサービス)で構成されたサブスクリプション商品。

 撮影には、軽量なNikonミラーレスデジタルカメラ「Z50」とNIKKORレンズを使用。撮影はWindowsタブレット上で行う。

 同ソリューションは、国土交通省の「点検支援技術性能カタログ(案)(令和2年6月)」第2章にも新技術のデジタルカメラを用いた画像計測ソリューションとして掲載されている。


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ニコン・トリンブル ニュースリリース
https://www.nikon-trimble.co.jp/

画像計測ソリューション「SightFusion」
https://www.nikon-trimble.co.jp/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。