• DIGITALIST
  • Trends
  • 病院の待ち時間を短縮できるアプリ「遠隔チェックイン」の実証実験始まる
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.04.02

病院の待ち時間を短縮できるアプリ「遠隔チェックイン」の実証実験始まる

お気に入り

IoT技術を活用したスマートホスピタル・プロジェクト

 nemuliと柏の葉IoTビジネス共創ラボ、柏の葉アーバンデザインセンターは、病院の外から遠隔で再来受付を可能にする「遠隔チェックイン」サービスを開発。国立がん研究センター東病院と共に実証プロジェクトを開始したことを、3月31日に発表した。

 プロジェクトは、柏の葉スマートシティでのIoTを活用したスマートホスピタル実現の一つで、患者に対するサービス向上と院内業務効率化の実現を目指している。



患者は直接診察室へ

 遠隔チェックインサービスは、事前に予約が必要で、診察日に病院の最寄り駅「柏の葉キャンパス駅」近くに来た場合、アプリが位置を認識する。遠隔で国立がん研究センター東病院へチェックインするためのボタンが起動し、再来受付が行われる。

 実証実験では、受診者が院内での待ち時間をどのくらい削減できたかを検証し、待ち時間による受診者のストレス軽減へつなげる。また、病院は予約状況を把握することで検査機器の事前準備などがスムーズに行え、院内業務の最適化・効率化が期待できる。

スマートホスピタルの実現

 遠隔チェックインサービス機能の拡張により、院内の人流計測、病院までの移動手段や予約システム、患者呼び出し機能、決済システムとの連携、さらに、オンライン相談、電子処方箋との連携などの検証も行う。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

nemuli プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000043833.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。