• DIGITALIST
  • Trends
  • WHILLが「WHILL Model S」を発売、スクータータイプの近距離モビリティで歩道走行が可能に
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.09.16

WHILLが「WHILL Model S」を発売、スクータータイプの近距離モビリティで歩道走行が可能に

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① スクータータイプの近距離モビリティ「WHILL Model S」
② 機体位置や状態などを確認できるサービス「WHILL Premium Care」も開発
③ 5センチの段差を乗り越える走破性などを備えたモデルも用意

高齢者のニーズを反映させた近距離モビリティを発売

 WHILLが、スクータータイプの近距離モビリティ「WHILL Model S」を発売したと、9月13日に発表している。

 運転免許証の返納後の移動手段として、電動アシスト自転車や高齢者向け電動車両があるが、それでは満たせないニーズを反映させた近距離モビリティが「WHILL Model S」となっている。

 電動アシスト自転車と比べて安定した走行性能と、シンプルなデザイン性を備え、操作部には自動車に馴染みがあるアイコンが採用されており、運転の楽しさを演出する。



機体位置や状態を確認できるIoTサービス提供アプリも

 「WHILL Model S」の利用者本人とその家族が、スマートフォンのアプリで機体位置や状態などを確認できるサービス「WHILL Premium Care」も開発。日々のお出かけ履歴の自動記録、ルートや時間の可視化、外出時に家族への通知もされるため、安心かつ快適に使用することができる。

 なお、「WHILL Premium Care」は年間契約となっており、月額税込み2,200円で提供していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

WHILL プレスリリース
https://whill.inc/jp/news/120138

WHILL Model S
https://whill.inc/jp/model-s

▼ 会社概要
WHILLは、 パーソナルモビリティ製品の開発・生産・販売のほか、同製品を使用した移動サービス(MaaS)の提供などを行っている。

会社名:WHILL株式会社
代表取締役社長CEO:杉江 理
本社所在地:東京都品川区東品川2丁目1-11 ハーバープレミアムビル 2F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。