• DIGITALIST
  • Trends
  • H.I.F.がAI定性与信審査技術を活用した敷金保証事業を開始 賃貸物件入居時の金銭負担軽減へ
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.05.20

H.I.F.がAI定性与信審査技術を活用した敷金保証事業を開始 賃貸物件入居時の金銭負担軽減へ

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①H.I.F.がAI定性与信審査技術を活用し、賃貸物件の敷金を保証する敷金保証事業を開始。
②AI定性与信審査技術では、さまざまな企業や個人を幅広く評価することが可能。
③敷金保証サービスにより、入居時の金銭負担を軽減することができる。

家賃保証事業に加えて敷金保証事業を開始

 Fintechサービスを提供するH.I.F.は5月19日、AI定性与信審査技術を活用し、既存の家賃保証事業に加え、新たに、法人向け事業用賃貸・個人向け住居用賃貸の敷金保証事業を開始した。



 ベンチャー企業・スタートアップがオフィスに入居する際や、個人が賃貸物件に入居する際には、敷金として少なくない金銭負担が生じる。

 今回の敷金保証サービスでは、AI定性与信審査技術を活用し、賃貸物件の入居に伴う敷金を同社が保証することで、入居時の金銭負担を軽減することができる。

さまざまな企業や個人を幅広く評価

 AI定性与信審査技術では、従来の「財務状況」評価だけでなく、「定性的特徴」「コンプラリスク」「経済動向」も評価可能。さらに、遅延を含む取引リスク発生実績をAIモデルに学習させて推論することで、さまざまな企業や個人を幅広く評価できる。

 同技術を活用した敷金保証サービスにより、入居者は敷金をオーナーに預け入れすることなく入居可能となる。既に入居している場合も、同サービスを活用することで、既に預けている敷金を手元資金として使用することが可能という。

 またオーナーは、入居者退去時に原状回復費が発生した場合の未払いを危ぶむ必要がなくなる。入居者の敷金負担もなくなるため、より多くの入居者を見込むことができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

H.I.F.プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000033718.html


▼ 会社概要
H.I.F.は、AI定性与信審査技術の開発・提供と同技術を用いたFintechサービスの提供を行っている。

社名:H.I.F.株式会社
代表取締役:東小薗光輝
所在地:東京都新宿区西新宿6-21-1 アイタウン・プラザ2F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。