• DIGITALIST
  • Trends
  • Blueが「AI不動産査定」サービスの提供開始 マンションでも戸建て建築でも不動産価格をAIが査定
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.07.28

Blueが「AI不動産査定」サービスの提供開始 マンションでも戸建て建築でも不動産価格をAIが査定

お気に入り

▼ニュースのポイント
①BlueはAI機能を活用し、WEBサイト上で不動産の価格査定が素早く行える「AI不動産査定」のサービス提供を開始した。
②近年、全国で空き地や空き家が増え続けており、社会問題化している。
③このサービスを活用すると、これまでの取り引き事例を基に、マンションでも戸建て建築でも一瞬でAIが不動産価格を査定してくれる。

一瞬で査定

 7月22日、BlueはAI機能を活用し、WEBサイト上で不動産の価格査定が素早く行える「AI不動産査定」のサービス開始を発表した。

 近年、全国で空き地や空き家が増え続けており、社会問題化している。

 同社は増え続ける空き地や空き家を流動化することによって、社会問題の解決に貢献したいと考え、今回のサービス提供に至った。



無料で利用できる

 不動産所有者において、自身が所有する不動産の査定価格をはっきりと知らないケースは多々ある。

 また、遠方にある不動産を相続しても、どこに査定相談をしたらいいのかわからないというケースも多い。

 一部の不動産会社では、相場から大きく離れた価格査定を行うところもあり、不動産所有者の利益が損なわれることも。

 そこで同社は、無料で利用することができるAI不動産査定サービスを提供するに至った。

 このサービスを活用すると、これまでの取り引き事例を基に、マンションでも戸建て建築でも一瞬でAIが不動産価格を査定してくれる。

 AIが価格を査定するため、人の主観や作為的な評価の差異がないところが大きなメリットだろう。

 不動産会社へ行くことなく査定が受けられ、電話セールスがないところもポイントだ。

 AIによる査定だけでなく、申し込みをすれば詳細な価格査定書の作成も行う見通しとなっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Blue プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
不動産の売買や交換、賃貸の仲介や所有、管理、不動産の企画から開発、設計などまで手掛ける企業。


会社名:株式会社Blue
代表:木内 正樹
所在地:東京都渋谷区富ヶ谷2‐44‐11 メゾン埜村101

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。