• DIGITALIST
  • Trends
  • カゴメとNECがAIを活用した「AI(愛)のプリン」開発へ 意外な食材を組み合わせたプリンで子どもの野菜嫌いを克服
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.04.03

カゴメとNECがAIを活用した「AI(愛)のプリン」開発へ 意外な食材を組み合わせたプリンで子どもの野菜嫌いを克服

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①カゴメとNECが子どもの野菜嫌い克服を目指し、AIを活用した「AI(愛)のプリン」の開発を行う。
②「AI(愛)のプリン」では、AIが導出した意外な食材の組み合わせでプリンレシピを開発。
③「AI(愛)のプリン」は今夏、「プルシック」にて販売の予定。

「AI(愛)のプリン」を今夏発売

 カゴメとNECは3月31日、食育に悩む家庭の子どもの野菜嫌い克服を目指し、カゴメの調査結果とNECのAIを活用した「AI(愛)のプリン」を開発し、販売すると発表した。



 カゴメの2019年の調査によると、野菜好きの子どもであっても、その4分の3近くの子どもには嫌いな野菜があることがわかったという。

 そこで両社は、子どもの野菜嫌いを克服するため、多くの人が好む「プリン」と、NECの「リンク予測AI」を組み合わせた「AI(愛)のプリン」を開発することとした。

AIで相性の良い意外な食材の組み合わせを導出

 リンク予測AIは、ものごとの関係性を分析し、隠れた関係性を発見する説明可能AI。

 今回のプリンの開発では、AIが、50万種類以上の料理レシピとその食材の組み合わせを学習。その後、カゴメの調査結果に基づいた子どもの苦手な野菜21種類に対し、AIが相性の良い食材を導き出して選定する。

 こうしてプリンベースの意外な食材の組み合わせが100通りができあがり、この中から一般投票により6件が採用され、プリンレシピが開発される。

 レシピ開発に当たっては、伝説のプリン職人・「プルシック」のオーナーシェフ所浩史さんの協力を得る。開発されたプリンは今夏、「プルシック」の店舗やブルシックのオンラインストアにて販売する予定という。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

カゴメ・NEC ニュースリリース
https://www.kagome.co.jp/


▼ 会社概要
カゴメは、飲料、食品、調味料の大手総合メーカー。2020年1月から「野菜をとろうキャンペーン」を展開している。

社名:カゴメ株式会社
代表取締役:山口 聡
所在地:愛知県名古屋市中区錦3丁目14番15号


▼ 会社概要
NECは、有線・無線通信機器、コンピューター関連サービス、ITサービスなどを幅広い業種に提供。カゴメの「野菜をとろうキャンペーン」に賛同している。

社名:日本電気株式会社 (英文: NEC Corporation)
代表取締役:森田 隆之
所在地:東京都港区芝五丁目7番1号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。