• DIGITALIST
  • Trends
  • メニックス、深紫外線LEDを搭載した除菌装置「Clelear」を開発
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 2021.03.07

メニックス、深紫外線LEDを搭載した除菌装置「Clelear」を開発

お気に入り

「空気除菌装置」など、3種類の除菌装置の販売を開始

 メニックスが深紫外線LEDを搭載した除菌装置「Clelear(クレリア)」を開発、3月1日に販売を開始したと、3月3日に発表している。

 深紫外線LEDは、照射することでたんぱく質にあるDNA・RNAのらせん構造を抑制し、ウイルスや細菌を除菌・増殖を防ぐため、対コロナ除菌の技術としても注目されている。大学や企業などといった研究機関の調べで、同LEDを一定時間照射するとウイルス除菌が99.9%できることも確認した。

 今回メニックスは、「空気除菌装置」・「マスク等除菌装置」・「用水除菌装置」の3種類の除菌装置を発売した。



薬剤を使用しないため、安心かつ安全に室内除菌が可能

 「空気除菌装置」は薬剤を使用しないため、換気がしづらい場所に設置でき、安心かつ安全に室内除菌が可能。「マスク等除菌装置」では、医療用マスクN95や家庭用マスクはもちろん、包丁や理美容店のハサミなども除菌ができる。

 また、「用水除菌装置」ではプール水や災害時に貯めた雨水などを、一定時間循環を繰り返すことで除菌が可能。こちらも薬剤などを使用しない装置となっている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Clelear
https://clelear.co.jp/

メニックスのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000075462.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。