sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • LINEで英会話の練習ができるAI英会話「Hachi」が大型アップデート 「TOEFLスピーキング対策モード」などの機能を追加
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2023.05.15

LINEで英会話の練習ができるAI英会話「Hachi」が大型アップデート 「TOEFLスピーキング対策モード」などの機能を追加

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①AI英会話「Hachi」が大型アップデートを実施。
②語彙力を可視化できる機能とベータ版の「TOEFLスピーキングテスト対策モード」を実装。
③5月中に、GPT4を組み込んだ「Proモード」の実装を予定。

2つの新機能を実装

 Bungeeが提供するAI英会話「Hachi」は5月13日、「TOEFLスピーキング対策モード」などの新機能を実装した。またGPT4ベースの「Proモード」も5月中に実装予定としている。



 「Hachi」はLINEでChatGPTと英会話練習ができるAIチャットボット。4月11日に正式ローンチされたばかりだが、今回、新たに2つの機能が実装された。

 新機能の1つ目では、ユーザーの会話内における単語の数と難易度を判定し、語彙力を可視化できるようにした。今後は、英会話スピードの指標とされるWPM (Word per Minute : 1分間に話した単語数)も測定できるようにするとしている。

 2つ目の新機能は、ベータ版の「TOEFLスピーキングテスト対策モード」。この機能では、実際のTOEFLにおけるスピーキングテストのように、Hachiが提示した題材について45秒間話すと、文法や論理構成の改善点が表示され、テスト対策をサポートする。

GPT4を組み込んだ「Proモード」の実装を予定

 さらに5月中に、GPT4を組み込んだ「Proモード」の追加実装を予定している。

 Proモードは、GPT4の特性から反応速度が低下し、リアルタイムの英会話練習には向いていないが、あらゆる場面での返答精度が向上するため、より深く議論できるようになるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Bungee プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000120220.html


▼ 会社概要
Bungeeは主に機械学習・深層学習に関わるアルゴリズムを研究開発し、それらをプロダクトとして社会実装する企業。

社名:Bungee株式会社
代表取締役:韋 晟
所在地:東京都世田谷区下馬6-44-20

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。