• DIGITALIST
  • Trends
  • 廣済堂、AIチャットボットに「形態素解析エンジン」を搭載
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 2021.02.24

廣済堂、AIチャットボットに「形態素解析エンジン」を搭載

お気に入り

FAQ/応対履歴管理システムでのノウハウを活用

 廣済堂が2月18日から、AIチャットボットに独自開発の「形態素解析エンジン」を搭載し、サービスの提供を開始したと同日に発表している。

 廣済堂は2015年からFAQ/応対履歴管理システム「InTact」のサービスを提供しているが、そこで培った問い合わせ対応ノウハウを基に、独自の高性能な検索エンジンを開発。「国立大学法人 大阪大学 サイバーメディアセンター」の名誉教授である細谷 行輝氏が、主任監修を務めた自然言語処理研究チームによって、同超高速AI検索エンジンのアルゴリズムの開発が行われた。



単語や会話内容に関わらず問い合わせ内容を瞬時に解析

 AIチャットボットに「形態素解析エンジン」を搭載することで、単語や会話内容に関わらず問い合わせ内容を瞬時に解析。抽出処理・文節処理・類義解析・構造解析などの独自の言語処理機能で、最適な回答候補を提示する。

 ディープラーニングのインフラ整備や、チューニングも不要になっており、導入コストの削減を実現。自治体や病院、大学、一般企業における問い合わせ対応システムにも搭載ができ、問い合わせ対応業務の負担軽減に寄与していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

廣済堂 プレスリリース
https://www.kosaido.co.jp/press/4239/

廣済堂のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000141.000002816.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。