• DIGITALIST
  • Trends
  • 鑫三海が電動エアーコンプレッサー「A22」の先行販売を開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.07.06

鑫三海が電動エアーコンプレッサー「A22」の先行販売を開始

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① Makuakeで電動エアーコンプレッサー「A22」の先行販売を開始
② 最大空気流量35リットル/分の驚異のパワーを備える
③ タッチパネル式のディスプレイ画面を搭載し、直感的な操作が可能

ポータブルとは思えない最大空気流量35リットル/分

 鑫三海の運営するAFUストアが6月28日から、プロジェクトの実行者とサポーターをマッチングし、応援購入できるプラットフォームMakuakeで電動エアーコンプレッサー「A22」の先行販売を開始したと、6月29日に発表している。

 「A22」はポータブルエアーコンプレッサーでありながら、最大空気流量35リットル/分となっており、およそ30秒で車のタイヤを適正空気圧に整えてしまう驚異のパワーを備えている。

 また、同エアーコンプレッサーには、ツインシリンダーとこだわりのパーツを採用。空気圧6.0キログラム/平方センチメートルまでの小型トラックにも対応する。



直感的な操作ができるディスプレイ画面を搭載

 「A22」にはタッチパネル式のディスプレイ画面が搭載されており、ディスプレイいっぱいにデジタル数値やアイコンが表示されるため、直感的な操作が可能。Type-C充電やシガーソケット給電ができる。

 また、鑫三海によれば、同エアーコンプレッサーはタフネス設計になっていることから、月1回の空気圧チェックを行い、毎月4本あるタイヤの2本の充填を行った場合で考えても、製品寿命は理論値で25年にもなるとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Makuake
https://www.makuake.com/project/a22/

鑫三海のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000245.000051534.html


▼ 会社概要
鑫三海は、クラウドファンディング事業やEコマース事業、ECショップ運営代行事業を展開。クラウドファンディング事業においては、海外の常駐専門スタッフ選定のユニークな商品を、「AFUストア」のブランドでクラウドファンディングのプロジェクトとして紹介している。

社名:鑫三海株式会社
代表取締役社長:伴場 義通
本社所在地:大阪府堺市堺区浅香山町3丁9番11号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。