• DIGITALIST
  • Trends
  • データ・アプリケーションが「OCRtran V 1.1」をリリース 経理業務の効率化に貢献する
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.07.16

データ・アプリケーションが「OCRtran V 1.1」をリリース 経理業務の効率化に貢献する

お気に入り

▼ニュースのポイント
①データ・アプリケーションが「OCRtran V 1.1」の販売をスタート。
②電子帳簿保存法の一部改正により、これまで以上に多くの企業がトラストサービスの導入やペーパーレス化を進めるのではないかと予想されている。
③OCRtran V 1.1はAI-OCR技術を活用し、企業内のペーパーレス化を推進する。

AI-OCR技術を活用したソリューション

 7月15日、データ・アプリケーションは「OCRtran V 1.1」の販売を始めたことを発表した。

 OCRtran V 1.1はAI-OCR技術を活用したペーパーレス自動化ソリューションだ。

 企業内のさまざまな部署に散在する紙文書をデジタル化し、接続先に合わせてデータ変換をすることが可能であり、業務システム同士の連携をスムーズに行うことができる。



トラストサービスの導入や経理間接業務のペーパーレス化が加速

 経理業務において、決算書や請求書などの書類を紙で保存運用するには、印刷代や紙代などの費用が必要になるだけでなく、保管スペースも必要だ。

 また、新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワークが急速に進んでいる。

 このような理由から、トラストサービスの導入や経理間接業務のペーパーレス化が加速しているのである。

 電子帳簿保存法により、国税関係帳簿書類を電子データで保存や管理することが認められているが、令和4年1月からは電子帳簿保存法が一部改正され、運用ルールが緩和されることから、これまで以上に多くの企業がトラストサービスの導入やペーパーレス化を進めるのではないかとの見通しだ。

 OCRtran V 1.1では、書類をデジタル化した後に指定のフォルダへアップロードことで、タイムスタンプが付与される。そのため、受領からスキャン保存までの期限を確認することが可能。

 文書への操作記録機能を有するため、誰がいつどのような操作を行ったのかを確認することができる。

 デジタル化した文書は、暗号化してクラウド上に保存される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

データ・アプリケーション プレスリリース
https://www.dal.co.jp/pressrel/20210715.html


▼会社概要
企業間データ交換ミドルウェアや企業内アプリケーション連携用ミドルウェアのソリューション開発や販売、コンサルティングを手掛ける企業。


会社名:株式会社データ・アプリケーション
代表取締役社長執行役員:安原 武志
所在地:東京都中央区京橋1-7-2 ミュージアムタワー京橋13F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。