• DIGITALIST
  • Trends
  • 【製造・建設業向け】Microsoft Azureを活用したAIによるデータ解析
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2021.02.21

【製造・建設業向け】Microsoft Azureを活用したAIによるデータ解析

お気に入り

Automated MLによる解析・IoTデータから時系列予測

 SBテクノロジーは、機械や設備などから収集した多くのデータを活用し、高精度なAIによるデータ解析を行う、製造業・建設業向けサービス「ML Connect(エムエル コネクト)」の提供を、2月18日より開始した。



AIエンジニアがいなくても対応可能

 ML Connectは、機械学習モデルの設計・開発プロセスを自動化するMicrosoft Azureの高い技術力で、アルゴリズム選定とAIモデル作成のプロセスを自動化するサービスである。

 同サービスの特長は、機械学習導入後の成果の検証が簡単で、CSV形式のデータがあればAIによる解析を行うことができる。また、オプションによる導入前の課題整理から、必要なデータの解析・提供・受託開発、導入後の運用までのサポートも可能。

「ML Connect」 のサービスラインナップは2種類

 過去のデータから製品・部品・材料など需要の数値を推測しオペレーションや施策を最適化する「ML Connect Forecast」と、過去のデータから異常値を検出し、設備や機器の故障停止を瞬時に察知・予防する「Connect Anomaly Detection」がある。

 さらに、SBTのIoTプラットフォーム「IoT Core Connect」との連携により、IoTデータの収集・管理・可視化から、ML Connectへのデータ連携やML Connectによるデータ解析の結果の可視化までシームレスに行える。

 ML Connectが製造業・建設業で活用されることで、スマートファクトリーやサービタイゼーションの加速に大きく寄与できると考えられる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

SBT プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000473.000007357.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。