• DIGITALIST
  • Trends
  • ヤフーがTwitterに投稿された災害状況を「災害マップ」で表示開始 いまの状況を写真・動画でわかりやすく
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.01.13

ヤフーがTwitterに投稿された災害状況を「災害マップ」で表示開始 いまの状況を写真・動画でわかりやすく

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①ヤフーが「Yahoo!防災速報」の「災害マップ」に新たな機能を追加。
②同機能により、災害状況のツイートがリアルタイムに地図上で表示されるようになった。
③これにより、災害状況を写真・動画付きツイートで視覚的に確認できるようになった。

災害状況のツイートをリアルタイムに地図上で表示

 ヤフーは1月11日、同社が提供するスマホアプリ「Yahoo!防災速報」の「災害マップ」に新たな機能を追加し、Twitterに投稿された災害状況を表示できるようにした。これにより、現在の状況が視覚的にわかるようになった。



 「Yahoo!防災速報」の「災害マップ」では、公的機関・報道機関などの情報や、ユーザーによる現在地の災害状況を、リアルタイムに地図上で共有することができる。

 今回、この「災害マップ」がスマートフォンウェブ版の「Yahoo!リアルタイム検索」と連携し、Twitterに投稿された災害状況を地図上で表示することが可能となった。

災害状況を写真・動画付きツイートで確認できる

 「災害マップ」では今回の機能により、風水害だけでなく、地震、大雪など、さまざまな災害状況を写真・動画付きツイートで視覚的に確認できるようになった。

 災害に関するツイートはマップ上でも表示され、災害発生地点を正確に把握することができるため、降雪時の外出の判断や危険エリアの回避などとしても活用できる。

 なお、災害状況のツイートは、スペクティが提供する「Spectee Pro(AIリアルタイム危機管理情報サービス)」により収集・分析されたもので、位置情報を取得できるツイートのみがマップ上に配置される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ヤフー ニュースリリース
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2022/01/11a/


▼ 会社概要
ヤフーはZホールディングス子会社で、イーコマース事業、会員サービス事業、インターネット上の広告事業 などを行っている。

社名:ヤフー株式会社
代表取締役:川邊 健太郎
所在地:東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。