sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • インフォディオがAPIサービスをリリース 新制度に対応したAI-OCR機能を短期間でシステムに組み込める
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 公開日: 2022.11.22

インフォディオがAPIサービスをリリース 新制度に対応したAI-OCR機能を短期間でシステムに組み込める

お気に入り

▼ニュースのポイント
①インフォディオは、1月中旬に「電子帳簿保存法・インボイス制度対応APIサービス」をリリースする。
②同サービスは、電子帳簿保存法・インボイス制度に対応した、AI-OCRのAPIサービス。
③インボイス制度とは、インボイスと呼ばれる適格請求書を用いて、仕入税額控除を受けられるという制度だ。

新制度に特化したAI-OCRのAPIサービス

 11月18日、アイリックコーポレーションのグループ企業であるインフォディオは、1月中旬に「電子帳簿保存法・インボイス制度対応APIサービス」をリリースすることを発表した。

 同サービスは、電子帳簿保存法・インボイス制度に対応した、AI-OCRのAPIサービスである。



2023年10月からいよいよスタート

 来年の10月からいよいよインボイス制度が始まる。インボイス制度とは、インボイスと呼ばれる適格請求書を用いて、仕入税額控除を受けられるという制度だ。

 この制度が開始される前に、多くの会計システムや経費精算システムメーカーは、同制度に対応した証憑保管オプションサービスのラインナップを強化している。

 AI-OCRを導入したサービスも登場しているが、AI-OCRは高額な開発コストが必要なことから自社開発を諦めたり、自社開発できても読み取り制度が低く困ったりするメーカーは多い。

 そのようなメーカーをサポートすべく、インフォディオは電子帳簿保存法・インボイス制度対応に特化したAPIを提供することに至った。

 同サービスを利用すれば、会計システムや経費精算システムメーカーは、電子帳簿保存法・インボイス制度に対応するAI-OCR機能を、短期間でシステムに組み込むことが可能になる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アイリックコーポレーション プレスリリース
https://www.irrc.co.jp/pdf/press20221118.pdf


▼会社概要
生命保険コンサルタント業や損害保険代理業、FC店舗展開事業やそれに関する付随事業、保険販売支援に関するソリューション事業などを手掛ける企業。


会社名:株式会社アイリックコーポレーション
代表:勝本 竜二
本社所在地:東京都文京区本郷2丁目27番20号 本郷センタービル4階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。