• DIGITALIST
  • Trends
  • AI・5Gなどの最先端技術を活用したセキュリティロボット「cocobo」を開発
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
新製品・サービス 2021.06.15

AI・5Gなどの最先端技術を活用したセキュリティロボット「cocobo」を開発

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①セコムが警備業務を行う新しいセキュリティロボット「cocobo(ココボ)」を開発。
②AI・5Gなどを活用、常駐警備員に代わり巡回警備や点検業務。
③設備・施設・地域の情報を共有するクラウド連携。

安全確保からアメニティ向上まで対応

 防犯・防災など多様なセキュリティサービスを行うセコムは、新しいセキュリティロボット「cocobo(ココボ)」を開発し、今月から商業施設やオフィスビルなど国内のさまざまな施設で試験運用を開始すると6月10日に発表している。 

 cocoboは、AI・5Gなどの最先端技術を活用して常駐警備員の代わりに巡回警備や点検業務などの業務を行う。「公共空間との調和」「威厳と親しみやすさ」をコンセプトに開発された。
 


防災センターと連携

 巡回ルートを自律走行するcocoboは、歩行者や障害物を自動で検知して衝突を回避する。カメラ映像とセンサー情報のAI解析により、放置物・滞留者や転倒者(急病人)を検知。ガス漏れや熱画像センサーによる火災検知のほか、災害情報の提供や施設案内も行う。

 点検業務では、目的に応じてアーム先端のアタッチメントを交換して多様な場面で活躍。ゴミ箱などの点検にはステレオカメラ、熱画像センサーを搭載したアタッチメントを、施錠確認には、ハンド型アタッチメントのスーパーマルチハンドを使用する。
 
 また、クラウド連携により建物内の監視カメラ映像やエレベーター・電気錠などの設備情報、施設や地域の情報などの共有と連携が可能。災害情報の提供や注意喚起、施設案内をLEDディスプレイや音声で提供する。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

セコム プレスリリース
https://www.secom.co.jp/


▼ 会社概要
セコムは「社会に有益な事業を行う」を基本理念に、人々の安心のため、よりよき社会のためのサービスシステムを展開する企業。

社名:セコム株式会社
代表取締役:尾関 一郎
所在地:東京都渋谷区神宮前1丁目5番1号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。