• DIGITALIST
  • Trends
  • SDKI Inc.がタッチセンサー市場に関する新レポートを発刊
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
海外 2021.06.05

SDKI Inc.がタッチセンサー市場に関する新レポートを発刊

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① 「タッチセンサー市場ー世界の業界分析、トレンド、市場規模、予測2030年」を発刊
② タッチ対応ディスプレイの使用の増加などが要因となり市場が成長
③ 2022年から2030年の予測期間中、成長率12.2%に

家電機器でのタッチセンサーの高い必要性が成長要因

 SDKI Inc.が5月27日に、タッチセンサー市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査した新レポート「タッチセンサー市場ー世界の業界分析、トレンド、市場規模、予測2030年」を発刊したと、5月28日に発表している。

 スマートフォンやタブレット、自動車産業などにおける家電製品のコントロールパネルには、タッチセンサーが採用されており、それらの必要性の高まりが同市場の成長の推進要因だと考えられている。また、技術の進歩やデジタル技術の成長、タッチ対応ディスプレイの使用の増加などが要因となり市場成長が進んでいくとも予想された。

 こういった背景から同調査レポートにおいては、2022年から2030年の予測期間中に、成長率12.2%になることも予測された。



低コストの家庭用電化製品の広範な可用性が成長を促進

 同市場はタイプ別(抵抗性、容量性、赤外線、弾性表面波、光)、テクノロジー別(従来型、フレキシブルなど)、アプリケーション別(スマートフォン、タブレット、モニター、ラップトップ、オールインワンPC、生体認証システム、現金自動預け払い機など)、そして地域別に分割が分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類される。

 地域別におけるアジア太平洋地域ではスマートフォンやタブレットなど、低コストの家庭用電化製品の広範な可用性によって、同地域の市場成長を促進。予測期間中に最大の成長率で成長すると考えられている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

SDKI Inc. Touch Sensor Market
https://www.sdki.jp/reports/touch-sensor-market/104172

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000483.000072515.html


▼ 会社概要
SDKI Inc.は、プレミアムマルチクライアント調査データベースプロバイダーであり、ITやテレコム、産業用オートメーションや機器、エネルギーや電力など、さまざまな業界のビジネスプロフェッショナルに市場調査レポートを提供している。

社名:SDKI Inc.
代表者名:Furukawa Isao
本社所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 渋谷セルリアンタワー 15F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。