• DIGITALIST
  • Trends
  • SDKI Inc.が「市民サービスAI市場 - 世界的な予測2030年」新レポートを発刊、成長率46.3%になる予想も
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
海外 公開日: 2021.09.21

SDKI Inc.が「市民サービスAI市場 - 世界的な予測2030年」新レポートを発刊、成長率46.3%になる予想も

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① 市民サービスAI市場に関する新レポートを発刊
② 2022年から2030年の予測期間中に成長率46.3%に
③ ヘルスケアセグメントは予測期間中に最も高い速度で成長

「市民サービスAI市場ー世界的な予測2030年」新レポートを発刊

 SDKI Inc.は9月3日、市民サービスAI市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査した同市場の新レポート「市民サービスAI市場 - 世界的な予測2030年」を発刊した。

 同レポートでは、自動化と敏捷性の向上、政府部門でのIT近代化の必要性、圧力を緩和して市民の体験を向上させるための手動プロセスの自動化などが、市民サービスAI市場の主要な成長要因になると考えられている。

 さらに、老朽化し たハードウェアやソフトウェアソリューションを、自動化ソリューションに置き換えるための政府による投資の増加も、市場の成長にプラスの影響を与える可能性がある。また、病気を制御・診断し、障がいのある市民を支援するため、ヘルスケア向けの人工知能の使用が増加することも、市民サービスAIに対する大きな需要を生み出すと予想された。

 こういった背景から、同市場価値は2022年の32.1億米ドルから、2030年までに460.5億米ドルに拡大し、予測期間中に成長率46.3%になることが予測された。一方で、サイバー攻撃を受けやすい市民データや、政府機関の間で新技術に関する認識の欠如によって、市民サービスAI市場の成長が鈍化する可能性も指摘している。



ヘルスケアセグメントは予測期間中に最も高い速度で成長

 同市場はアプリケーション別(交通と輸送管理、ヘルスケア、公安、公益事業、一般サービス)、テクノロジー別(ML、NLP、画像処理、顔認識)、そして地域別にセグメントが分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類される。

 政府機関が医療にAIを活用して病気になることの抑制や診断を行っており、高品質な医療サービスを提供することに尽力している。

 また、いくつかの企業は、医療診断と医療検査の自動化や、病気の検出とスクリーニング、監視装置など、さまざまなソリューションを提供。こういった背景から同レポートでは、ヘルスケアセグメントは予測期間中に最も高い速度で成長すると予想された。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

SDKI Inc. Citizen Services AI Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001058.000072515.html


▼ 会社概要
SDKI Inc.は、プレミアムマルチクライアント調査データベースプロバイダーであり、ITやテレコム、産業用オートメーションや機器、エネルギーや電力など、さまざまな業界のビジネスプロフェッショナルに市場調査レポートを提供している。

社名:SDKI Inc.
代表者名:Furukawa Isao
本社所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 渋谷セルリアンタワー 15F


関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。