• DIGITALIST
  • Trends
  • SDKI Inc.が人工知能(AI)チップセット市場のレポートを発刊、成長率35.5%になる予想も
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
海外 公開日: 2021.07.24

SDKI Inc.が人工知能(AI)チップセット市場のレポートを発刊、成長率35.5%になる予想も

お気に入り

▼ ニュースのポイント
① スマートホームなどへの需要の高まりが人工知能(AI)チップセット市場の成長を促進
② 2022年から2030年の予測期間中に成長率35.5%に
③ コンピュータービジョンは自動車分野でジェスチャーの認識に需要な役割を果たす

市場価値が予測期間中に1,472.7億米ドルまで拡大

 SDKI Inc.は7月14日、人工知能(AI)チップセット市場の成長に必要な統計的や、分析的アプローチなどを調査した同市場の新レポートを発刊した。

 同レポートでは、スマートシティとスマートホームへの需要の高まりなどが、2022年から2030年までの予測期間中に、同市場の成長を後押しする要因になると考えられた。また、AIチップセットによって消費者サービスの改善が期待できるほか、発展途上国においては、さまざまなスマートシティイニシアチブの立ち上げに弾みをつける能力があるとみられている。

 こういった背景から、同市場価値は2022年の175.6億米ドルから、2030年までに1,472.7億米ドルに拡大し、予測期間中に成長率35.5%になることが予測された。一方で熟練労働者の不足が、AIチップセット市場の成長を抑制する可能性も指摘している。



コンピュータービジョンセグメントが最大の成長も

 同市場はテクノロジー別(機械学習、自然言語処理、コンテキストアウェアコンピューティング、コンピュータービジョン)、ハードウェア別(プロセッサー、メモリ、ネットワーク)、エンドユーザー産業別、そして地域別にセグメントが分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類される。

 コンピュータービジョンは、製造業のロボットアプリケーションや、自動車セクターで広く採用されている。特に自動車分野においては手の動きの信号や、ほかのジェスチャーを認識するための重要な役割を果たす。

 これらからコンピュータービジョンセグメントは同レポートにおいて、2022年から2030年の予測期間中に最大の成長率になることが予想されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

SDKI Inc. Artificial Intelligence Chipsets Market
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000000646.000072515.html


▼ 会社概要
SDKI Inc.は、プレミアムマルチクライアント調査データベースプロバイダーであり、ITやテレコム、産業用オートメーションや機器、エネルギーや電力など、さまざまな業界のビジネスプロフェッショナルに市場調査レポートを提供している。

社名:SDKI Inc.
代表者名:Furukawa Isao
本社所在地:東京都渋谷区桜丘町26-1 渋谷セルリアンタワー 15F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。