• DIGITALIST
  • Trends
  • ヘルスケアにおけるモノのインターネットIoT市場は急成長すると予測
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
海外 公開日: 2021.02.15

ヘルスケアにおけるモノのインターネットIoT市場は急成長すると予測

お気に入り

世界各国の成長を評価したIoTヘルスケア市場

 市場調査を行うKenneth Researchは2月11日、調査レポート「ヘルスケアにおけるモノのインターネット(IoT)市場:世界的な需要の分析及び機会展望2026年」により、ヘルスケア市場は2026年までに5660.1億米ドルに達すると予測した。

 また、2018年に1397.5億米ドルと評価されたヘルスケア市場のグローバルモノのインターネット(IoT)は、2026年までに19.01%のCAGRで成長すると予測されている。
 


医学における幅広い可能性をもつIoT

 ヘルスケア市場が成長する要因には、技術の進歩、COPD、遺伝性疾患、呼吸器疾患などの慢性疾患発生率の上昇や、費用効果の高い治療と疾病管理に対する需要や自己健康測定への関心の高まりなどがある。

 U.S. Centers for Medicare&Medicaid Servicesによると、2018年から2027年の間に、米国は年率5.5%で国民の医療費が増加する見込み。また、ヘルスケア業界の総支出は、2027年末までに約6兆米ドルに達すると予想され、ヘルスケア市場は今後大きな成長を遂げると言われる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

Kenneth Research プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000852.000059861.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。